Twitterも活用のネット審議会 経済産業省アイディアボックス事前登録してみた!アイディアボックス投稿準備中です!

スポンサーリンク

米国ホワイトハウスはすでに、国民からITやWEBに関する様々な意見やアイディアを双方向で募集、討論、投票など行っているようですね。日本も遅れじと去年から経済産業省「アイディアボックス」を用いて一つのテーマに関して意見やアイディアを募ったことがありましたが、それが結構良い評価、成果があったようです。

経済産業省「アイディアボックス」twitterでつぶやきながら

今回も再び「アイディアボックス」を通して、IT政策を討論しようと計画中のようです。いうなれば国民参加型のネット審議会」です。それもTwitterでつぶやきながら意見を述べ合うことができるシステムになるそうです。

twitterとの連携がすごい「アイディアボックス」

これがすごいと思ったところあは、「アイディアボックス」に出されたアイディアをtwitterからのツイート(つぶやき)によって論議したりしたりする機能が追加されることです。

また「twitter外野席」という機能が「アイディアボックス」にお目見えするようで、あるアイディアに関して速やかにつぶやいて意見を出すことも、またそのアイディアに関するTwitter内の意見を見ることもできるようです。すごい!

私の意見も日本政府のIT政策に採用されればすごいことになるかもしれませんので、早めに登録してみました。

アイディアボックスに事前登録してみた

まず、経済産業省アイディアボックスへ行き、「ユーザー登録」をクリックします。

 

経済産業省「アイディアボックス」事前登録

このアイディアボックスはOpenIDでも登録可能です。わたしは下記の右上のyahoo japanID から登録しました。または、下のユーザー登録から直接できます。

経済産業省「アイディアボックス」OpenIDで

  OpenIDを用いる場合

yahoo japanID から登録する場合は下記の様にヤフーへログイン画面が現れますので、お持ちのヤフーのIDとPSを記入しログインします。

経済産業省「アイディアボックス」yahoo japanIDで登録

画像認証し、OpenIDを取得をクリックします。

経済産業省「アイディアボックス」の登録完了

そうするとヤフー側からOpenIDをアイディアボックスに送信する最後の手続きに入ります。「続ける」クリック

 

経済産業省「アイディアボックス」

そうすると再び、経済産業省のアイディアボックスに入りますので、ニックネーム、メールアドレス、パスワード、などを記入。

また、年齢や性別、住所などを記入します。運営しているサイトURLや自己紹介も任意で記入できます。わたしはこの「アマモ場」のURLを入力して、思い切りIT歴(そんなにありませんが)についてアピールしました。最後に画像認証です。

経済産業省「アイディアボックス」で事前登録する

すると、登録アドレスに、メールが到着するすれば、事前登録終了です。

投稿したいアイディアを温める

このアイディアボックスでアイディアの投稿受け付けは年2月23日からです。それまでに、WEBと政府に関するアイディアをまとめて置かねばなりません。

私のアイディアは、公共事業や企業への補助金が現場で適正に使われており、無駄が出ていないかを個人レベルで観察したことを直接陳情(個人情報は安全にまもられながら)、しかも気軽にできるシステムの構築を提言することです。無駄使いを徹底的に排除する公約を掲げた民主党が飛びつきそうなアイディではないでしょうか?(マネしてはいけませんよ!)事前登録受付中! | 経済産業省アイディアボックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク