教科書閲覧アプリ「iBooks 2」とは?教科書制作アプリ「Books Author」で世界の教育を変えるアップル

スポンサーリンク

「世界中の教科書はすべてiPadのデジタルへ!」そんな野望が奥底に見え隠れするアップルの発表が行われました。教科書閲覧アプリ「iBooks 2」と教科書制作アプリ「Books Author」がリリースされたのです。ではアップルの教科書サービス「iBooks 2」と「Books Author」とは?

image

デジタル教科書アプリ「iBooks 2」

すでに世界の多くの教育現場ではiPadを正規にまたは試験的に導入しているようですが、アップルはさらにそれを加速させようとしています。

デジタル教科書「iBooks 2」のiPad版が披露されました。アップルの専売特許であるタブレット操作「スワイプ」「ピンチ」「タップ」によって、従来の紙の教科書の使いやすさに近付けただけではありません。総合マルチメディア教科書に年使えるシステムにしています。ibooks-textbooks

具体的には、教科書には参照されている動画、Keynoteアニメーションをすぐに再生できたり、3D画像を指で動かし立体的に学べるようになります。例えばDNAがどのように2重らせん構造しているかを自分の指で回転させて立体的に把握することもできるわけですね。apple

image

紙の教科書とえば、書き込みを入れたりマーカーでチェックしたりして自分のものにしていくことによって、学習効果を高めるものですね。ではデジタル教科書アプリ「iBooks 2」を利用した電子教科書はどうでしょうか?この「iBooks 2」を使えば、簡単にメモを挿入したり、マーカーで記しを付けたりも可能のようです。おまけにメモは両面使える暗記カードとしてもまとめられ、フラッシュカードとして試験勉強に使えるという。むちゃすごい!

image

スポンサーリンク

「Books Author」

同時に発表された「Books Author」というアプリは、iPadで「iBooks 2」の機能をフルに活用した電子教科書を簡単に作れるMacに特化したソフトですね。

image

これを発表したアップルによると「だれでも簡単に電子教科書を作れる」そうです。アップルはそのために土台とななる電子教科書のテンプレートを多数用意していて、そこにあらかじめ用意しておいたテキスト、画像、動画、音声ファイルをドラッグ&ドロップで埋め込んでゆくだけで教科書を作成できるよにしています。

image

日ごろ教育現場で忙しくしており、ソフト開発などとはほど遠い先生たちでも、授業のワークブックや参考資料を作れるようになっているようです。

 

Windows PCでも「Books Author」が使えるようになることが期待されますね。そうなれば、日本の教育現場でもiPadの導入が増加することは間違いないと思います。

なお作成された教科書は「iBookstore」にアップロードされ、ユーザー(生徒など)は、そこから必要な教科書をダウンロードできるようになります。

image

すでに米国では教科書販売会社の大手のHoughton Mifflin Harcourt、McGraw-Hill、PearsonがiPad向けに教科書を配信する契約をアップルと結んでいます。実はこれら3社は米国の教科書販売の9割以上を占めているそうです。ですから、米国ではアップルが教育現場の根幹を担うことになっているわけです。日本ではどうなるのかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク