ホームページビルダー18でブログを更新する方法を試してみた

スポンサーリンク

思うところがあり昨日ホームページビルダー18を購入しました。Livedoorブログで運営している当ブログのエディタとして活用してみたいと思います。スタイルシートを読み込んで見たままモードで編集でき快適でした。

ホームページビルダー18を利用してライブドアブログを更新する方法

最近はホームページという言葉すらあまり聞かれなくなりましが、ホームページビルダー(hpb)は簡単にお店や学校、企業の看板サイトを構築できるということで一斉を風靡したWebサイト作成ツールです。

少々人気に陰りが見えていたようなのですが hpb17 は再びヒット商品になりました。バージョン17からはWordPressサイト作成と運用機能を新たに搭載し、CMS(コンテンツマネジメントシステム)としての機能を充実させるなど、商品コンセプトの大きな方向転換を図りました。かっての純粋なHTMLサイト作成機能は脇に押しやられて、WordPress一色のツールに生まれ変わっています。

これからWordPressサイトを作成して売っていこうと目論んでバージョン18の購入に至ったわけですが、hpbにおまけのようについているのがブログ投稿機能です。対応ブログサービスは以下のとおりです。

269g(ブログ・ジー)、Lekumo ビジネスブログ、Ameba、teacup.ブログ、OCN ブログ人、ココログ(ベーシック/プラス/プロ)、FC2ブログ、gooブログ、JUGEM、Movable Type、ネットラピュタブログ、さくらのブログ、Seesaaブログ、ウェブリブログ、ライブドアブログ など。

当ブログは現在ライブドアですが、hpbを利用してコンテンツを作成する準備を以下にメモしておきます。

本アプリを起動してメニューから[ツール]⇒[ブログ]⇒[ブログ設定]へ。

image

[ブログ設定追加]へ。

image

迷わずライブドア(livedoor Blog)を選択。

image

ライブドアのアカウントIDと[AtomPub用パスワード]を入力。ちなみにパスワードはログインパスワードではなく、http://help.blogpark.jp/archives/52372407.html で説明されているものです。

image

(2013年12月から新しくなり、以前のAPIは利用できなくなるようですね。)

image

スタイルシートを読み込んでくれて、見たまま編集が可能になるところがhpbの良いところです。

image

最後に[記事の投稿]をクリックすると、[カテゴリ]や[タグ]も挿入できます。

image

少々残念なのは、記事のURL(スラッグ)や概要を記入することができない点です。

以上が、ライブドアブログへホームページブルダー18を利用して投稿するための設定方法でした。

なおhpbにはアフィリエイトリンク挿入機能、画像挿入機能など様々なツールが盛りだくさんなので、どこまでブログのコンテンツを充実させることができるかを少しづつ試してゆきたいと思います。

しばらく使ってみて「Windows Live Writer」より使い勝手が良さそうなら乗り換えます。

とこでホームページ・ビルダー18 はいくつかのバージョンがありますが、おすすめは以下のバリューパックですね。ビジネスパックほどではありませんが、テンプレートがかなり充実しており、有料テンプレートを購入できる5000円分のチケットが付いております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事