グーグルの自動車・通行実績情報マップが被災復旧支援に超お役立ち?しかし必ず通れるとは限りません

スポンサーリンク

グーグルが東日本大震災の復興支援を兼ねて、自動車が被災地区の道路を通行した実績を表示するマップを公開しています。以下は現時点での、グーグル(Google)「自動車・通行実績情報マップ」です。どうやら気仙沼までは車が通った実績はありますが、被害がさらにひどかった陸前高田市へはまだ車両が通った形跡は見られません。

image

「自動車・通行実績情報マップ」

このグーグルの災害管理サービスは本田技研工業が提供するデータに基づいているようです。東日本巨大地震 – 自動車・通行実績情報マップ(←本当に必要な方だけがアクセスしましょう)

このマップで注意しなければならないのは、単に車が通った実績があるだけで必ずしも車両が通れることを保障するものではありません。したがってあくまでも目安で、この「自動車・通行実績情報マップ」だけを頼りに、被災地区に足を踏み入れようとしてはならないようです。

24時間更新

さらにこの「自動車・通行実績情報マップ」はホンダが提供する情報に基づいて24時間おきに更新されています。したがってタイムラグがありますから、通行時にはすでに道路事情が変化していることも考えられますので、さらに注意が必要です。(もっと更新の頻度を上げてくれればいいのですが。)

ボランティアで現地に向かう人は十分注意して、現地の警察や、関係機関に問い合せする必要があります。

20110316162104

現時点では大船渡市は車の通行実績がないようです。早く開通すればいいですね。Googleの日本法人には頑張って欲しいですね。

注意)私のようにむやみにアクセスするとサーバーがダウンする恐れがありり、救援復旧の足を引っ張るかもしれませんので、むやみにアクセスするのは控える必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事