ページ表示が高速化されるGoogleアドセンス非同期型広告を導入してみた

スポンサーリンク

Googleアドセンスが新たに「非同期型広告コード」を導入、ユーザーにすべての広告を切り替えを促しています。我がブログでも実施してみました。果たして体感速度は?

image


非同期型コードのメリット

広告表示が原因でページの読み込み速度が低下しているサイトやブログがあります。スマートフォンサイトには影響が顕著のようです。

(サイトのパフォーマンスがブログに与える影響・・・WordPress高速化ー「準備編」スピード測定のテストサイトやツール

そこで今回Googleアドセンスが新たに導入を進めている「非同期広告コード」には以下のようになメリットがあるようです。非同期広告コードについて – AdSense ヘルプ

非同期広告コードとは、完全非同期バージョンの AdSense 用広告コードのことで、ウェブページの読み込み時間を改善し、サイトを訪れたユーザーの利便性を高めます。非同期コードには、ウェブページの他の部分の読み込みを妨げないというメリットがあるため、広告の読み込みに問題があるページでも、コンテンツの読み込みは問題なくできるようになります。モバイル ユーザーの場合は特に、ウェブページの読み込み時間の短縮を実感できるでしょう。

結構メリットが多そうです。ブログにせっかく訪問してくれたユーザーが見たいコンテンツがなかなか表示されない体験をすると、離脱率を高めることになりますからね。そのネックが広告なら本末転倒です。

ということで我がブログでも早速導入してみました。

変更箇所は以下の通り

  1. 個別ページに掲載している3つの広告ユニットのうち、上から2つ(モバイル分岐で合計4個。最下部は他社の広告ネットワーク)
  2. トップページやアーカイブページに掲載している2つの広告ユニット。(プラグイン利用)
  3. スマートフォン用の3つのコード。(プラグインWP-touchでsingle.phpに3か所挿入。プラグインの設定でトップページに表示できるものは変更不可能)

非同期型コードの取得方法

非同期型コードの取得方法は以下のとおりです。Googleアドセンスにログインしって「広告の設定」から変更したい広告ユニットを選択。(新規作成は「新しい広告ユニット」から)

image

最下部の「コードを取得」をクリック。

image

「コードタイプ」を「非同期(ベータ版」に変更。後は生成されたコードを貼り付けるだけです。

image

結果

肌で感じるほど体感速度が変化したような気配は見られませんね。コンテンツが多いページではそれと分かるほどの効果が見られるかもしれませんが・・・。

以上、Googleアドセンスの新たな試み「非同期コード型広告コード」を我がブログに導入した話でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事