今日のGoogleロゴ「ハインリヒ ヘルツ」の生誕115周年!蛇でなく電磁波がもたらした功績をたたえていた

スポンサーリンク

今日のGoogleロゴは現代社会の通信基盤を礎を築いた科学者の一人「ハインリヒ ルドルフ ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz)」の功績をたたえ、その生誕155周年を記念したものになっています。Googleが今IT界の巨人として存在するのも、この「ハインリヒ ヘルツ」の業績のおかげのようです。

image

今日(2012年2月22日)は日本では「猫の日」や「竹島の日」となっていますが、世界的にみれば偉大な科学者である「ハインリヒ ヘルツ」誕生の日でもあるようです。

image

物理学者マクスウェルが電気と磁気の関係(電磁波の法則)を解明したことに続き、「ハインリヒ ヘルツ」は無線通信技術をもたらすことになる「電磁波」の発信と受信の実証実験を1888年に成功させました。wikipedia

以下は総務省の「電波の木」なるものです。イラストにあるように、ラジオ、TV、モバイル通信などの通信・放送や、電子レンジなどのエネルギー利用、レーダーやGPSなどの測位・遠隔測定技術をもたらしたのは、「ハインリヒ ヘルツ」の電磁波の研究によるところが大きいのです。その功績をたたえて、彼の名前が周波数の単位Hz(ヘルツ)に採用されたわけですね。

image

今私はPCの前でこの記事を書いているわけですが、周りにはWiFi無線ルーター,TV,ラジオ,携帯電話など、挙げればきりがないほど無線通信の家電に囲まれた便利な(?)生活をしています。それも115年前に生まれた「ハインリヒ ヘルツ」の電磁波の研究のおかげであることが分かります。Googleという巨大な企業が誕生したのもこの通信技術のおかげであるわけですね。「感謝!」

スポンサーリンク

フォローする

関連記事