RSSリーダー「feedly」の使い方!代替Googleリーダーの最有力候補と言える理由とは?

スポンサーリンク

Googleリーダーが2013年6月末日で利用できるなくなることを踏まえて、今ネットでは代替サービスに関する話題で持ち切りです。私は無料のアプリ(Androido/iOS)にも対応しているRSSリーダのWeb版である「feedly」を利用してみることにしました。データのインポートもする必要なく、Googleリーダーのアカウントだけでスターを含めたデータを移行できます。それにシンプルで見やすいく、Googleリーダーのインターフェースに限りなく近づけます。ではGoogleリーダーの替りとして最有力候補と言える理由とは?またその使い方とは?

RSSリーダー「feedly」が代替Googleリーダーの最有力候補と言える理由


代替Googleリーダーの最有力候補「feedly」

昨日書いた「廃止のGoogleリーダーから代替RSSリーダーへ乗り換える方法とは?」では代替サービスとして「Livedoorリーダー」へのRSS登録データ移行手順を紹介しました。

その後、様々なIT関連ブログがGoogleリーダーに替わるWebクラウドサービス、PCインストール型のクライアントソフトを紹介しています。

私は英語版ですが、Web版のRSSリーダである「feedly」をしばらく利用してみることにしました。現時点でGoogleリーダーのアカウントだけでGoogleリーダーのすべての機能を利用でき、将来的に手作業の必要なくデータをインポートしてfeedlyのアカウントへ完全に移行可能になるようです。

現時点でTwitterでの投票は1位となっています。ReplaceReader

image

さらに、Googleリーダーと同期していたアプリ群がそのまま継続利用できるクローンAPIを提供予定。

その他、機能的に以下の理由があります。個人的にはGoogleリーダーにもないブックマーク機能が大変重宝しそうですよ。

  1. シンプルなインターフェース
  2. Googleリーダーの機能はすべてそろっている
  3. 無料のアプリ(Androido/iOS)がそろっている
  4. 登録フィードからスター(ブックマーク)を付けられるのはもちろんのこと、ウエブページもブックマークでき、いつでも「Save」からまとめて閲覧できる。

2013-03-15_15h07_29

Feedly: Your Google Reader, Youtube, Google News, RSS News Reader
カテゴリ:ニュース,
価格: 無料
対応:iPhone/iPad/iPod touch

では早速クラウド型RSSリーダー「feedly」を利用してみます。

Sリーダー「feedly」の使い方

その前にChromeかFirefoxでGoogleリーダーにログインしておきます。そして「feedly」へゆき、以下の部分から拡張機能(アドオン)をインストールします。(以下の例はChromeの場合です。)

image

Connect to Google Readerをクリック。

image

「アクセスを許可」します。

2013-03-15_15h57_52

こんな感じです。Googleリーダーに登録していたフィードがすべてインポートされました。「feedly」の初期スタイルは、雑誌表示です。左の「設定」をクリック。

image

「ALL」をクリックすると、RSSの記事タイトル表示に切り替えられます。Googleリーダーへ近づいてきました。

image

様々な機能は右上の【設定】(?マーク)から行えます。ここからフィードの表示方法、既読、フィルタリングなどを変更できます。

2013-03-15_14h59_12

ちなみに私の場合はGoogleリーダーでの表示どおり「タイトル表示」です。

2013-03-15_15h00_48

雑誌のようなスタイルも選択可能です。

2013-03-15_15h01_20

全て既読にしたい場合は、「Mark as Read」から「All」へ。ポップアップ表示の「Yes,・・・」をクリックします。

2013-03-15_14h54_38

フィードの操作は、各記事タイトルにカーソルを当てて行えます。×は削除です。

2013-03-15_14h43_26

ブックマーク「Save」も可能です。(Googleリーダーのスターの替わりです。単一Webページのブックマーク機能もあります。以下で説明。)2013-03-15_14h45_29

リンク先の表示。

2013-03-15_14h46_50

最後に、Googleリーダーからインポートされた「スター」(ブックマーク)は「Saved」から表示できますよ。

2013-03-15_15h50_24

またGoogleリーダーでは削除された機能、つまりWebページをブックマークでき、後で「Save」からまとめて表示できます。これなら他のブックマークサービス、たとえば「はてなブックマークサービス」も必要なくり、「feedly」に情報を集約できそうです。

その方法は次のとおり。後で読みたいと思うWebページを表示させ、右下現れる共有アイコンをクリック。

image

しおりマークをクリックするだけで「Save」覧に登録されます。

image

以上がGoogleリーダーで私がしばらく利用したい代替リーダー「feedly」の使い方の紹介でした。日本語にも対応されればうれしいけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事