新「Googleニュース」がブログのネタ集めに最適化!私流のカスタマイズ方法とは

スポンサーリンク

ブロガー御用立つのネタ集めツールは沢山ありますが、先ほどリニューアルした「Googleニュース」も「Googleリーダー」の次に、役立つ便利なツールになりそうです。キーワードでカテゴリ指定して最新の関連ニュースを、しかも自分の好きなニュース提供元から”かき集めて”くれるようになったのです。自分好みのネタ集めツールに最適化することができるわけですね。

image

新「Googleニュース」

私はニュースと言えば、「Googleリーダー」に新聞関係のRSSや二次情報サイトのRSSを登録して時系列で表示させたり、ニュースサイトのTwitterアカウントをフォローして「HootSuite」で読みあさっていたのですが、これが多すぎて疲れるのです。

しかし、今回リニューアルした新「Googleニュース」のカスタマイズ機能を使えば、かなりの程度自分好みの記事を表示させやすくなりました。最大の特徴は、好みのネタのカテゴリーやキーワードを指定して、その分野だけのニュースを表示できる点です。しばらくは「Googleニュース」を使おうと思います。

ちなみに、以下に新しくなった「Googleニュース」を自分なりにどのようにカスタマイズしたかを記します。(私の興味あるネタはこのブログを見れば一目了然だと思いますが・・・?)

スポンサーリンク

カスタマイズ方法

私はいつも利用する便利なRSSリーダーである「googleリーダー」から入ります。メニューバーから「もっと見る」より「ニュース」を選択。

image

これが新しい「Googleニュース」の画面です。いよいよカスタマイズです。右の「鉛筆」をクリックします。

image

ここでニュースのカテゴリー表示をフィルタリングできます。スライドバーを左右にさせることで、カテゴリーごとに「ほぼ読まない」「たまに読む」「時々読む」「よく読む」「いつも読む」の5段階に設定できます。また、下のようにキーワードを入力してカテゴリーを追加できます。

ニュース提供元を調整することも可能になりました。読まないニュース元を完全に削除できますし、私のように「マイナビニュース」などのよく利用するニュース元を追加できます。

image

また上記のカテゴリやニュース提供元で表示させたくないものは以下のようにゴミ箱ボタンをクリックすれば非表示されます。

image

またニュース覧に表示させるカテゴリの順番も以下のように、マウスのドラッグ&ドロップで簡単に移動できます。私の場合は「国際」関連ニュースは最後にします。

image

新機能「編集長おすすめ」とは?

さて、「編集長おすすめ」も新たに加わった「Googleニュース」の特徴です。しかしこれってなんでしょう?Google Japan Blogによれば、「編集者のおすすめは、ニュース提供元の編集部が読者に特に読んでほしいコンテンツを選んで紹介する機能です。」とありました。googleが特に推薦するニュースですから無視しない方がいいみたいです。この新機能も同じようにカスタマイズ可能です。右のスライドボタンをクリックすれば、ニュース提供元ごとの「おすすめ」記事を閲覧できます。

image

ちなみに、「googleニュース」のホーム画面構成のカスタマイズとニュース「ブログ」からの情報表示の設定も可能です。

image

ブログは少なめにしてもいいかもしれませんが、時々かなり早い情報提供を見逃すことになるかもしれませんので、注意が必要かも。

image

さて、今回のリニューアルされた「googleニュース」はブロガーにとってかなり強力なツールになりそうですよ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事