2万曲まで無料の「Google Music」(グーグル・ミュージック)とは?日本語対応はいつ?アイクラウドとの比較

スポンサーリンク

アップルのクラウドサービス「アイクラウド(iCloud)」の対抗馬として、グーグルが音楽クラウドサービスを正式に開始しました。「Google Music」(グーグル・ミュージック)です。

image

「Google Music」(グーグル・ミュージック)とは?

これまでβ版だった、「Google Music」(グーグル・ミュージック)ですが、先ほどから正式版として米国Googleからリリースされました。日本語対応は未定です。アップルのアイクラウド(iCloud)をもろに意識しているサービス内容となっています。

アップルのアイクラウドと比較すると、アイクラウドは5G(アップルから購入した楽曲は含まれず)まで無料ですが、「Google Music」は2万曲まで無料でアップロード可能とのこと。つまり1曲200Kbとしておよそ4Gbまで無料というわけですね。しかし実際は300Gbまで無料の用です。これはすごい!

image

しかもβ版と違い正式版は自動アップロード機能が付いています。つまり「Android Market」で購入した楽曲だけでなく、iTunesに登録している音楽データ、他の複数の端末に保存している楽曲のコレクションも設定しさえすれば自動でアップロードされます。つまり、端末や場所を選ばずに、「Google Music」のアカウントと専用アプリをインストールしたモバイル端末などがあれば、どこででも音楽を楽しめるわけですね。アップルのアイクラウドと同じ概念です。 Official Google Blog

image

ちなみに「Android Market」の「Music」内で購入できる楽曲の品ぞろえは、1300万曲に上ります。「Warner Music Group」以外の20の音楽配信会社と提携した結果です。今後も提携会社を増やす予定です。始めからよくやったな。音楽ファイルは一曲99セントからで、データはMP3形式(320Kbps)。

スポンサーリンク

Google+(グーグルプラス)との連携

さらに、今や会員を確実に激増させているグーグル版SNSであるGoogle+との連携も簡単になっています。当然同じアカウントで行いますが、「Google Music」で聞いている音楽を簡単にサークル内で共有できる仕掛けがあります。

サークル内のメンバーなら同じ趣味の方が多いでしょうから、同じナンバーを購入する人はいますね。これがグーグルの狙いだろうな~と思いきや、何とサークル内のメンバーは共有されている音楽を無料で聴くことができるという。ただし一回切りですけど!もしそれ以上聞きたいならダウンロード購入する必要がるようです。これがグーグル・ミュージックの貴重な販路となるわけですね。シェアしたユーザーにキャッシュバックは無いのかな?

image

他にも、アップルのアイクラウドには無い「Google Music」(グーグル・ミュージック)のユニークな仕掛けがありそうです。About Google Music

日本語対応が待ち遠しい「Google Music」ですが、日本の音楽配信会社との提携交渉はスムーズにいきそうにありませんので、キリンのように首を長くして待つ必要がありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク