テンキー収納のアーチ形多機能キーボード「GH-USB-KY10」は省スペースで能率アップ!

スポンサーリンク

デスクトップPC用のテンキー付きのフルキーボードと言えば、幅40センチ以上もあり、机の上をかなり占有してしまいます。テンキーなしはデータ打ち込みに効率悪いし!

しかし、テンキーが不要な時はキーボード本体に収納できるアーチ形多機能キーボード「GH-USB-KY10」が登場しました。グリーンハウス社からです。これなら、デスクで作業する時にすっきりして能率がアップしそうです。image

アーチ形多機能キーボード「GH-USB-KY10」

何でも省スペースはいいですね。欧米の家屋と違って日本の家屋には必須の概念です。私は簡素な生活が好きで、もし独り者なら、「起きて半畳、寝て一畳」の生活でも問題ないと考えているほどです。物は徹底的に少なくしたいのです。仕事で使うPCが置いてあるデスク上もそうで、広々と使うのが好きです。しかし何か書類などが溜まってしまいます。

そこで、今日紹介しているこのテンキーが収納できるデスクトップパソコン用のキーボードは、テンキー部分が本体下部に収納できてかなり省スペースかつ多機能なフルキーボードとなっています。

image

特徴はご覧の通り、湾曲しておりいわゆるアーチ型です。横から見れば、日本全国にある伝統的な石橋「眼鏡橋」のようですね。山口県の錦帯橋や東京都の日本橋を彷彿(ほうふつ)させます。ですからこのテンキーを本体の下部に収納できるアーチ形多機能キーボード「GH-USB-KY10」(グリーンハウス)は日本人の文化になじみのあるフルキーボードといえそうです。

image

特徴

このアーチ形多機能キーボード「GH-USB-KY10」の特徴はテンキーが収納できるように、アーチ型になっているだけでなく、その形状のために意外と指がフィットしてスムーズにキーパンチできるようです。指を自然に伸ばしますから、指の腱鞘炎になりにくいかも。

さらに、動画や音楽などのメディアの再生、一時停止、音量調節機能などができる10個のホットキーが搭載されています。よく使うWeb閲覧ソフト、メーラー、常時使うソフトの起動などを割り当てられるので便利です。

image

また、ディスプレイ画面のスクロールをキーボードから指を離さずにできるようにボタンが中央に設置されている点も仕事の能率向上に一役買いそうですね。また、このアーチ形多機能キーボード本体にUSBポートも搭載していますので、USBマウスやUSBメモリーなども接続できそうです。私の場合はよく使うワンセグを接続できそうです。

image

「GH-USB-KY10」の本体仕様は以下の通り。

■ キー配列・・・118キー/日本語(かな対応)
■ サイズ・・・335×181×30 mm
■ 重さ・・・約740g
■ ケーブル・・・170cm

以上のように、日本の石橋(眼鏡橋)を何となく思い出させるアーチ型多機能キーボードは省スペースで、仕事能率に貢献しそうです。色はブラックとホワイトがあります。断然ブラックでしょうね。詳しくは グリーンハウス アーチ形USB2.0キーボード 10Key付き ブラック GH-USB-KY10K (モバイルからは ⇒グリーンハウス アーチ形USB2.0キーボード 10Key付き ブラック GH-USB-KY10Kからどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事