ドコモ「GALAXY S Ⅱ LTE」が最強かつお得な料金みたい!Xiスマートフォンの最高峰

スポンサーリンク

2011年冬モデルとしてドコモからXiスマートフォン「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」が登場しました。すでに発売が始まっていますが、ソフトバンクやauから発売された最新機種の中で最強のスペックを誇るのがこの端末のようです。またキャンペーン中でパケット定額の月額利用料金も1500円割引されお得になっています。

image

高機能な「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」

日本で発売されるサムスン制のギャラクシーシリーズとしては、これまでになくハイスペックとなっているドコモの「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」ですが、とにかく高機能やスピードを求める新しい物好きの方々には満足できるスマートフォンに仕上がっています。

プロセッサ(CPU)はパソコン並みの早さを誇る1.5GHzのデュアルコア(APQ8060)で、現時点で日本で販売されているスマートフォンの中では最高の電算処理能力を保持しています。ゆえに動画を快適に視聴できるだけでなく、いくつかのアプリを同時に立ち上げるマルチタスク機能でもスムーズさを発揮できるようです。(その分バッテリー消耗が大きくなるが・・・。)またデータ量が多いWebサイトの閲覧の読み込みも抜群の速さがあります。

また「GALAXY S Ⅱ」という名称には「LTE」が付されている通り、4Gに限りなく近く最速3G「Xi(クロッシ)」回線対応のスマートフォンです。一部屋内では75Mbps対応しています。(他の対応エリアでは受信時最大37.5Mbpsでクロッシ非対応エリアではFOMAハイスピード下り最大14Mbps)申し分ないスピードを実現しています。

さらにiPhoneに比べると一回り大きなディスプレイ(4.5インチのワイド液晶)を採用して、鮮明な動画をフルHDで楽しめます。ちなみに、microUSB端子からHDMIへ出力する変換ケーブルを使うなら、大画面TVで再生できるので、ハイビジョンビデオカメラとしても利用可能です。image

またハイスペックを求める傾向のあるユーザーにとっては欠かせないWi-Fiテザリング機能も完備したのが「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」です。つまりこの端末を無線LANルーターとしても利用できるので、家庭用のブロードバンドが使えなくても、Wi-Fiに対応したノートパソコン、ポータブルゲーム機(DS,PSP)、テレビ、タブレットPCなどを最大で8機も接続できるほどです。これなら、家庭のブロードバンドは必要なくなり、節約になるかもしれません。

簡易無線であるBluetooth機能も付いていますので、Bluetoothに対応したイヤホン、マイク、キーボードなどの周辺機器をコードなしで利用可能です。バッグに「GALAXY S Ⅱ LTE」を入れたままで、この無線でイヤホンに音楽を飛ばして聴くのに一番重宝するようですね。

他にも気のきいた機能としてプリインストールされたアプリ群(SNS関係の連絡管理アプリ「Social Hub」や、人気の怪盗ロワイヤルなど数々のソーシャルゲームのプラットフォーム「Game Hub」)が利用できます。

「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」その他のスペックのまとめ

■ OS・・・Android 2.3
■ サイズ・・・約69×130×9.5mm、重さ約130g
■ 連続通話時間・・・3G 約350分、GSM 約360分
■ カメラ・・・外側810万画素(CMOS)、内側200万画素(CMOS)

ガラパゴス機能なし

さて、日本仕様つまりガラパゴス機能のワンセグ、おサイフケータイ機能、無線通信機能に関してですが、残念ながら搭載されていません。しかしiモードで利用可能だったコンテンツ群を楽しめる「dメニュー」や映画、音楽、電子書籍、安全なAndroidアプリをダウンロードできる「dマーケット」を利用できます。つまりアップルのiPhoneなどで利用できる「iTunes Store」と同種のサービスが使えます。

image

スポンサーリンク

お得な月額料金

さてこのフルスペックなドコモ「Xiスマートフォン」である「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」の月額利用料金が気になります。「Xi」用のパケット定額「Xiパケ・ホーダイフラット」プランは通常月額5,985円です。しかし来年(2012年)4月末までは、月額4410円です、これはauのiPhoneより570円安く、ソフトバンクのiPhoneと同額です。お得に使えます。できるなら、5月以降も同額に、せめてauのiPhoneのパケット定額料金と同じにしてほしいですね。image

注意

ただしこの「Xiパケ・ホーダイフラット」は月に7GBを超えると、速度制限がかかり、追加料金を払わない限り受信速度は最大で128kbpsにダウンします。しかし、2012年の9月末までは制限は実施されません。

また音声通話の料金プランを最小限に押さえたいです。今ドコモが大々的に宣伝している「Xi」用の通話プラン「Xiトーク24」が話題でね。月額1480円でドコモのユーザーに限りますが、24時間通話料金が無料のプランです。無料時間が深夜1時から夜21時まで無料のソフトバンクのホワイトプランやauの「プランZシンプル」に対抗しています。

image

上記のように今回ドコモから冬モデルとして発売開始になったフルスペックなスマートフォン「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」は、機能といいお得な料金といい、かなり庶民派的な存在に近づいた端末だと言えそうです。

専用カバー・シート

なおすでに「GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D」専用のシート・カバー が発売中です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事