シャープ「GALAPAGOS(ガラパゴス)メディアタブレット」で新聞・雑誌を読める「TSUTAYA GALAPAGOS」とは?

スポンサーリンク

シャープの「メディアタブレット」GALAPAGOS(ガラパゴス) 2010,11月29日追記:
シャープは「ガラパゴス メディアタブレット」を12月10日に発売開始が決定しました。
値段は、5.5インチ型が3万9800円で、10.8インチ型が5万4800円です。
同時に、ブックストア「TSUTAYA GALAPAGOS(ツタヤ ガラパゴス)」も開始して、新聞、雑誌、書籍など約2万冊から有料ダンロード配信がスタートします。

日本のガラパゴス市場とは世界的に閉鎖的な携帯・IT事業を皮肉って読んだものですね。シャープは開き直りを見せて、そのガラパゴスという名前をあえて、電子書籍リーダー端末「メディアタブレット」の愛称を”GALAPAGOS(ガラパゴス)”にしたようですね。

この端末でGALAPAGOS(ガラパゴス)で新聞や雑誌の電子書籍を読める電子ブックストアサービスが2010年12月に開始されるそうですね。では

  • GALAPAGOS(ガラパゴス)を用いた電子ブックストアサービスの「TSUTAYA GALAPAGOS」とは?

「メディアタブレット」とは?

このGALAPAGOS(ガラパゴス)とう愛称が付けられた専用端末「メディアタブレット」はほとんどアップルのiPadやiPhone4を意識している形と使い方ですね。端末は2種類です。

液晶のタッチパネル5.5インチのモバイルタイプと、10.8インチのホームタイプ(タブレットPCタイプ)の2種類の”ガラパゴス”です。

GALAPAGOS(ガラパゴス)は2タイプあり。

お勧めは下記の画像のようにホームタイプ「10.8インチ」ですね。ダウンロードされた電子書籍や雑誌を見開きでめくって読めるのがいいですね。

ガラパゴスのホームタイプ「10.8インチ」はお勧めメディアタブレットだ。

スポンサーリンク

電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」

”ガラパゴス”端末によって楽しめる電子ブックストアサービスの「TSUTAYA GALAPAGOS」とは何でしょうか?

これは有料ですが、最新の新聞や雑誌を定期的に自動ダウンロードして、どこでも読めるようになっています。「自動定期配信サービス」というものだそうですね。その数は新聞、雑誌、書籍など合わせて約30,000冊をリリースするそうです。つまり話題になっているものであれば何でも読めちゃうようで。

なかでも体験版のコンテンツが自動配信され、関心があるなら有料購読を簡単にできるようになっているところです。これも読みたい、あれも読みたいになったら大変ですが、本当に価値ある記事と思えばすぐに有料でも読めるのはありがたいですね。

購入コンテンツの保存

ありがたいことに(当然と言えば当然ですが)自分でお金を払って購入したコンテンツはパソコンで保存できるようになっています。それを実現するアプリリケーション「GALAPAGOS Station」も付属しています。

ガラパゴスといえば「進化」ですね。そうです!シャープもこの「GALAPAGOS(ガラパゴス)メディアタブレット」の端末と電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」を、そして「クラウドメディア事業」を進化させてゆくと宣言しています。

シャープは「ガラパゴス メディアタブレット」(2機種)の販売と電子ブックストア「TSUTAYA GALAPAGOS(ツタヤガラパゴス)」のサービスを12月10日より開始いたします。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. […] 揄する言葉ですが、そのガラパゴスを採用した、シャープ製の電子書籍リーダー「GALAPAGOS(ガラパゴス)」」が3D携帯になってソフトバンクから発売されるそうです。 (右の写真はスマ […]