ドコモ「おくだけ充電」対応の「AQUOS PHONE f SH-13C」を発売!ワイヤレスチャージャーが同梱

スポンサーリンク

載せるだけで充電できるサードパーティーのアクセサリー「ワイヤレスチャージャー」が販売されて結構売れているそうです。そこでドコモからワイヤレスチャージャー付きの新型アクオスフォンが登場しました。「AQUOS PHONE f SH-13C」ですが、スマートフォンではトップクラスの「アクオスフォン」シリーズ特有の高精細ディスプレイは健在、トップクラスの画質です。今回ドコモは防水機能まで付けました。

image

新アクオスフォン「AQUOS PHONE f SH-13C」

置くだけで充電できるいわゆる「ワイヤレスチャージャー」です。従来の充電機のようにコードを接続したり、充電ホルダーに「ガチャット」セットする必要がなくて本体が傷付く心配は全くなく、人気のアクセサリーとして市販されています。

「ワイヤレスチャージャー」

ドコモはその「ワイヤレスチャージャー」の人気と需要に目をつけて、2011年の夏モデルとして新型アクオスフォンに同梱させたのが「AQUOS PHONE f SH-13C」です。NTTドコモ

image

上記の端末紹介ページによると、この「ワイヤレスチャージャー」は、ゲーム、デジカメ、携帯音楽プレーヤーに使ってもらえるサービスしとして、企業や公共施設と協力して様々な施設に導入する計画です。出張先のホテルで、喫茶店で、映画館などでりようできるようになりそうです。

このドコモ純正の「ワイヤレスチャージャー SH01」対応端末は現時点(2011年7月)、「AQUOS PHONE f SH-13C」だけですが、順次拡大予定。

image

さらに防水や5台まで接続できるWi-Fiテザリング機能付きが特徴的ですし、ワンセグ以外のガラパゴス機能(おサイフケータイ、赤外線通信)付きです。

スポンサーリンク

端末情報

本体やスペック情報は以下の通り

・本体・・・119×60×10.9mm、121g
・ディスプレイ・・・3.7インチ、540×960ドット、フルタッチパネル液晶
・OS・・・Android 2.3
・バッテリー・・・ 連続通話(3Gで)約280分、連続待受時間500時間
・カメラ・・・800万画素、CMOS、顔検出機能搭載
・メモリ・・・microSDHC(32GB)対応
・通信・・・Wi-Fi、Bluetooth通信、GPS、FOMAハイスピード対応
・ホームネットワーク・・・AQUOSテレビやブルーレイにWi-Fi接続可能

さらにドコモのスマートフォン特有の機能として「魚眼カメラ、TapFlow UI、電話帳UI、ピクチャーUI、撮る家計簿 Photoマネー」に対応してます。必要度は低いと思いますが。

今回の新端末「AQUOS PHONE f SH-13C」は目玉機能として「おくだけ充電」を標準搭載したスマートフォンとしては「世界初」といううたい文句で注目を浴びるようです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事