Amazon「Fire TV Stick」のスペックをGoogle「Chromecast」と比較!

スポンサーリンク

AmazonがGoogleのChromecast(クロームキャスト)と酷似するスティック型デバイスをAmazon.comで予約発売を開始しました。テレビのHDMIに接続すれば、Amazonのゲームだけでなく、AmazonインスタントビデオやHuluなどの動画見放題サービスを大画面で堪能できるようです。GoogleのChromecastと比較してみます。

Amazon「Fire TV Stick」

Amazon「Fire TV Stick」はChromecastをかなり意識したドングル型デバイスです。HDMI対応のテレビに装着するだけで、WiFiでネット接続し、ゲームやビデオを中心にしたAmazonコンテンツだけでなく、Youtube、Spotify、Huluなどの動画サービスを楽しめます。

またKindle Fire HD などのFire OS端末やAndroid端末のディスプレイをミラーリングして、動画、音楽、写真などの視聴が可能です。

Chromecastと大きく違う点は、専用のリモコンが標準装備されている点でしょう。これがあれば、わざわざスマホ(Android、Kindle Fire、iOSは後日対応)から操作する必要もなさそうです。もちろん専用アプリをインストールしたスマホからコンテンツを検索して「Fire TV Stick」を通じて大画面TVで楽しめます。

以下にAmazon「Fire TV Stick」をChromecastと比較してみます。

Fire TV Stick Chromecast
専用リモコン ×
プロセッサ デュアルコア シングルコア
メモリ 1 GB 512 MB
ストレージ 8 GB 2 GB
ドルビーサウンドシステム ×
対応コンテンツサービス 10
(Bloomberg TV,Hulu PlusAmazon Instant Video etc)
9
(Netflix,Hulu Plus,HBO GO etc)
対応ゲームコンテンツ 200 以上 30 以下

こうしてみると、Fire TV Stick はスペック的にChromecastをかなり凌駕していることが分かります。

最後に気になるお値段ですが、Chromecastの定価35ドルに対して Fire TV Stick は39ドルです。日本円に換算すると数百円の違いがあります。

日本では動画見放題サービスが米国ほど多様化していないので、対応動画サービスで優位なデバイスが決まるわけではありませんが、対応ゲーム数やそれを動かすデバイスのスペックを考えるとChromecastより Fire TV Stick を選択するほうがよさそうですね。

しなしながら Fire TV Stick の日本での発売日は未定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事