アクセス解析に「?fb_xd_fragment=」をカウントさせない正しい方法とは?GoogleAnalyticsフィルタ設定で解決!

スポンサーリンク

最近かなりページビュー(PV)上がっていると思いきや、「?fb_xd_fragment=」というパラメーター付のページが相当数カウントされている!どうやらFacebookの「LikeBox」や「いいね!」ボタンを導入しているサイトに起こるらしい!

では、「…html?fb_xd_fragment=」のページをGoogle Analyticsのアクセス解析結果にカウントさせない方法とは?

image

無意味なパラーメータ付のカウント

このトラブルはどうやら、Facebookの「LikeBox」や「いいね!」ボタンを導入しているブログやサイトをIE7以下のブラウザで表示させる場合に現れている問題らしいのです。

image

トラブルの解決方法は、Facebookの「LikeBox」や「いいね!」ボタンをサイトやブログから削除すればいいのですが、それをしたく場合の対処方法は「Google Analytics」でカウントさせないように設定することです。

スポンサーリンク

Google Analyticsのフィルタ設定

方法は簡単で、Google Analyticsへ行きトップ画面から該当サイト(ブログ)のプロファイルの右の「編集」をクリックして、「+フィルタを追加」をクリック。

以下のように新しいフィルタを作成します。

■ 「プロファイルに新しいフィルタを追加」にチェック
■ 「フィルタ名」を後で読んで分かるように記入
■ 「カスタム フィルタ」と「除外」にチェック
■ 「フィルタ フィールド」のプルダウンメニューを「リクエスト URI」に
■ 「フィルタ パターン」に「fb_xd_fragment=」と入力 ([?]は入れず!)
■ 「大文字と小文字の区別」に「いいえ」

image

最後に「保存」をクリックします。これで、私のブログでは「?fb_xd_fragment=」付の真っ白なページがGoogle Analyticsの解析結果に表示されなくなりました。

注意)一部のブログが上記の設定ではなく、「既定のフィルタ」から「サブディレクトリへのトラフィック」で、「/?fb_xd_fragment=」と記入するよう紹介しています。しかし、その方法では私のブログのように「・・・・html?fb_xd_fragment=」つまり「(ページURL)?fb_xd_fragment=」のようなパラメータ付のページがカウントされるケースは、アクセス解析から正常に除外されませんのでした。ご注意ください。
スポンサーリンク

フォローする

関連記事