PCでリアルタイムで「緊急地震速報」をポップアップ表示してくれる「つくるウェブ EarthquakeNotifier」

スポンサーリンク

今回の東北関東大震災で地震対策にこれまで以上に熱を入れている人が多いようです。特に海岸付近は!

パソコンの前で過ごしていると、テレビを付けていないなら防災無線程度の速報しか聞けませんね。そこでPCのタスクトレイに常駐させ、気象庁の緊急地震速報が出されたらほぼアルタイムでポップアップウインドウで表示してくれる「つくるウェブ EarthquakeNotifier」というフリーソフトソフトをPCをインストールしてみました。緊急地震速報をTwitterで受信する方法

「つくるウェブ EarthquakeNotifier」はツイッター(Twitter)のAPIを活用しており、「@eew_jp」のアカウントの緊急地震速報のツイートを監視して、速報が出されたらほぼリアルタイムで、タスクトレイのアイコン付近からポップアップ表示してくれます。

ダウンロード

PCの前で仕事に没頭している人や、またはくつろいでいる人を地震災害から命を救うことになるかも知れないフリーソフト「つくるウェブ EarthquakeNotifier」のダウンロードはつくるウェブからです。

まず真中あたりの「ダウンロード・・・・」をクリックして、任意の場所に保存します。解凍する必要はありません。

image27

ファイルを任意の場所に保存します。

image5

念のために、左クリックしてウイルススキャンしておきます。安心です。

image9[1]

[EarthquakeNotifier.exe]を起動させ[実行]させます。

image12

EarthquakeNotifierはツイッターのAPIを利用するので自分のアカウント情報の登録が必要です。

image18

次にパスワードです。

image15

すぐに働き始めます。タスクトレイに常駐し

image21

設定はこれだけです。Twitter「@eew_jp」アカウントの緊急地震速報のツイートを監視開始します。万が一速報が出されたらほぼリアルタイムで、タスクトレイのアイコン付近からポップアップ表示してくれます。

image25

常時起動させておきましょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事