一台4役の新型ダイナブック「dynabook Qosmio D711/T9B」登場!地上波と衛星TV,BD付きPCとは?

スポンサーリンク

デジタル放送とBS,CSのダブルチューナー、ブルーレイディスクでオンキョーの高品質のサウンドが楽しめるフルハイビジョン対応のPC登場しました。

つまり一台4役の新型ダイナブック「dynabook Qosmio D711/T9B」です。狭い部屋でコンパクトに映像・音楽の家電をまとめたい方は、この新型ダイナブックがいいみたいですよ。言わば、映像・音楽のオールインワンPCと言えるかも。では、

20110223164852

  • 新型ダイナブック「dynabook Qosmio D711/T9B」とは?

新型ダイナブック「dynabook Qosmio D711/T9B」

この何でもありの新型ダイナブックは、液晶一体型AVPCと呼ばれるもので、2月26日から発売開始です。

東芝は世界最軽量でわずか1.29kgのノートPCのダイナブックを始め、上位機種であるこの一台4役の「dynabook Qosmio D711/T9B」を含む、3機種10モデルを発売します。

20110223170119

「Qosmio D711/T9B」はフルハイビジョンの液晶ディスプレイでとことん高品質の映像を楽しみたい方だけでなく、テレビもPC一台で済ませたい方に最適になりそうです。

テレビ機能としては、地上波のデジタル放送だけでなく、BS、CSも受信可能な2機のチューナーを搭載しています。なんとダブル録画できちゃうのです。まさにオールインワンPCです。

そのためには相当高いスペックのPCとなりますが、CPUはインテル最新鋭の「Core(TM)i5-2410M(動作周波数2.66GHz)」搭載ですから、楽々TVのハイビジョンのダブル録画が可能なのでしょう。さらに東芝:ニュースリリース によると

ブルーレイディスクの新規格「BDXL(TM)」対応のドライブ、「オンキヨー(R)製スピーカー」などを搭載しており、PC、テレビ、ブルーレイディスクレコーダー、サウンドシステムの高性能な1台4役として利用できます。

とあります。ブルーレイディスクは当然のこととして、音も充実しているようです。パソコンがさながら映画館になりそうですね。

同時に発売された、「dynabook Qosmio D710/T7B」はBDを搭載し、「dynabook R731/39B」は、東芝が自負する世界最軽量の1.29kgを実現、しかもCPUは「i5-2520M」を搭載している高スペックノートPCです。嬉しいのは13時間という長時間使用に耐えるバッテリー搭載です。

とにかく新型ダイナブック「Qosmio D711/T9B」でテレビは必要なくなりますね。一人暮らしには最適でしょう!

すでに通販での値段は20万を切って販売が始まっています。興味ある方は
dynabook Qosmio D711(楽天)か
dynabook Qosmio D711 (モバイルからは ⇒dynabook Qosmio D711(アマゾン)
から値段の比較をしてみるのもいいかも。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事