スキマ学習に超便利!「ドコモゼミ」が英語学習から開始!通勤や通学の合間にスマフォで勉強!

スポンサーリンク

スマートフォンをただの遊び道具だけで済ませるにはもったいなさ過ぎる!このたびNTTドコモから、ちょっとした合間でも学習できる「ドコモゼミ」というサービスが始まりました。

まずは英単語のアプリからスタートですが、この「ドコモゼミ」なら通勤や通学などちょっとしたスキマ時間にスマートフォンやタブレット端末で勉強できるのがいいですね。

image

「ドコモゼミ」

ゼミというくらいですから、専門的な学習ができる大学の講座をイメージしますが、中学生の学校の勉強から大人の生涯学習まで想定される広い学習講座を扱うのが、2011年9月から始まった「ドコモゼミ」です。

外国語コース

NTTでは手始めに英語教育のアルクと共同して「外国語コース」を創設しまた。その多く有料のAndroidアプリをインストールして利用するコースですが、無料の「英単語 ボキャブラキング by ドコモ×アルク」というものもあります。何と1万2,000語を12のレベル問題に分けて、基礎単語から本格的な実践英語まで幅広くゲーム感覚で学んでいけます。解答方式もゆっくりレベルから早いペースのものまで受験さながらです。

image

他にも有料の「ドコモゼミ PowerWords 2000レベル by ドコモ×アルク」をはじめに「4000レベル」「6000レベル」 の各900円のアプリも用意されています。こちらでは、英語の発音も聞けるようになっているので本格的に勉強したい方はこちらをお勧めします。

image

「ドコモゼミ ポータルサイト」

さらにスマートフォンやタブレット端末からドコモゼミへアクセスすると、以下のサービスから学びのヒントやモチベーションを得ることが可能です。

たとえば、以下の「朝ゼミ」では、数学のちょっとした計算問題から一日を始められて、ぼっ~オッとした朝脳を活性化せられるようになっています。

image

一押しは、「ニュースワードスタディー」で今話題のキーワードを挿絵入り興味を抱かせる内容で楽しく学べそうです。ちなみに9月1日のキーワードは「はやぶさ」で「イトカワ、星くずから誕生 はやぶさ回収の微粒子分析」という話題で分かりやすく解説されていました。

image

「ドコモゼミ」はこれから、教育関連の企業ともコラボを図り様々なコンテンツや優良教育Androidアプリを提供していく計画だそうです。

中学生や高校生がこれまで以上にスマートフォンに興味を持っている現在、その年齢層の若者の所有率を加速させるようなサービスがどんどん増えていくことでしょう。NTTドコモの戦略がちらほら見え隠れしているようです。

ちなみに、10月31日までは有料アプリが半額になる「ドコモゼミ デビューキャンペーン」が行われています。上記の英語単語は各450円に消費税となるわけです。興味がある方はお急ぎください。