ドコモのスマートフォン用料金プラン「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」はどちらがいいの?

スポンサーリンク

NTTドコモがスマートフォン用に2つのパケット定額サービスを始めましたね。「パケ・ホーダイ フラット」と「パケ・ホーダイ ダブル2」です。auのスマートフォンと足並をそろえる料金プランになりました。では、

image

  • 「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」とは?
  • どちらがいいのでしょうか?

「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」とは?

ドコモは国産のスマートフォンにこだわらず、韓国サムスン電子の「ギャラクシー エス」「ギャラクシー タブ」や、米国のオバマ大統領も愛用している「ブラックベリー」などを投入して、スマートフォン市場でも版図をを広げようとしていますね。

スマートフォンはパケット通信(データ通信)をしていないなら面白みに欠けるので、多くの方はパケット定額プランに加入せざる負えません。

そこで気になる新たなスマートフォン用のパケット定額料金プランが発表になりました。「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」です。

  • パケ・ホーダイ フラット」・・・
    これは、どれほどネットゲーム、ネット閲覧や動画のダウンロード、ストリーミング再生しようが、パケット通信の料金は月額一律の5460円です。全く使わなかった月でも同じだけです。そんな月もあると思う人は、次の「パケ・ホーダイ ダブル2」がいいかもしれません。
  • パケ・ホーダイ ダブル2」・・・
    これは、月のパケット通信量が4万パケット以内なら、月額2,100円まです。4万パケットを超えるなら11.4万パケットまでは従量制で5,985円まで段階的に料金が加算し、それを超えたら上限の5,985円以上は料金が発生しないプランです。

20110131093314

詳しくはこちらから。

どちらがいいの!

ドコモのスマートフォンを新たに購入しようとする人は初めはどちらに加入しようか迷うところでしょうね。初めからネット接続や動画閲覧をバリバリしたい方は「パケ・ホーダイ フラット」以外の選択肢はありませね。

しかし、あまりパケット通信をしそうにない人は悩むところでしょう。時々アプリをダウンロードしたり、たまにフルブラウザモードでサイト閲覧をするぐらいで、動画などは家のPCでしか試聴しません!という人は、初めから「パケ・ホーダイ ダブル2」で十分かも。

image

しかし中にはスマートフォンを使いこなしたいけど、一体何ができるの?という方は無難な線で始めら「パケ・ホーダイ フラット」に入っておいた方がいいかもしれませんね。後でパケット通信を利用していないということが分かれば(「パケ・ホーダイ ダブル2」月2100円となる4万パケットが一つの目安)、「パケ・ホーダイ ダブル2」に変更すればいいでしょうね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事