「ドコモへおかえり割」が出戻りユーザにお得すぎると話題に!iPhone 5s/5c の基本料金はauとドコモはどちらがお得?

スポンサーリンク

「ドコモへおかえり割」が「俺得過ぎる」とかつてのドコモユーザーから評判となっています。「ドコモへおかえり割」ってどんなキャンペーン?基本料金はドコモとauどちらがお得なの。

image

「ドコモへおかえり割」

「ドコモへおかえり割」はサービス名どおり、かつてのドコモユーザーがiPhone欲しさに、auやソフトバンクにキャリア変更した方が、ドコモに戻って iPhone5s/5c、またはXiスマフォに戻るユーザーにメリットがあるキャンペーンです。ドコモへおかえり割 | iPhone | NTTドコモ

ドコモの発表どおり、このサービスによって、「タイプXiにねん」の基本資料 月額780円が最大2年間無料になります。さらに、解約時にキャリア(au,softbank)に支払う違約金までもドコモからドコモポイントでキャッシュバックされるというもの。

以前に身を切られるような思いで、ドコモにさよならを告げたiPhoneユーザーには、なんとも嬉しいいキャンペーンとなっていることか。

ドコモへ戻るのはお得か

さて、ここで問題です。実はauやドコモも、iPhone5/4sの下取りプログラムを発表していますので、結局どちらが料金的にお得なのかを計算する必要があります。

こちらはドコモのiPhone下取りプログラム。NTTドコモ

image

こちらは、auのiPhone下取りプログラム。au

image

一例として、私は auのiPhone5ユーザですが、このままauに居残り、iPhone5sに機種変更した方がいいのでしょうか?それとも、この際ドコモに出戻った方がお得なのでしょうか?

16GBモデルで比較してみました。

  • ドコモへ出戻るとどれほどお得か?
    ・・・18720円(ドコモへおかえり割」780円×24月)+ 16000円(下取り)=34,720円
  • auで機種変更すると
    ・・・下取りの 24000円と貯まったポイント分(ユーザーごとに違う)。合計約 30,000円

どう見ても、愛着のあるドコモに戻った方が得です。

ドコモへスイッチ学割なら、3年も基本使用料が無料ですし、パケット上限額1050円も割り引きです。ドコモへスイッチ学割 | iPhone | NTTドコモ

image

基本料金はドコモとauどちらがお得か

ちなみに料金は、ドコモの iPhone 5s は以下のとおり。 

image

ドコモの iPhone 5c  

image

以下は、auの iPhone 5s/5c

image

比較してみると、データプランはドコモのほうが、月々 数百円ほど安くなり、テザリングも無料です。一方au光などを利用している方は「auスマートバリュー」を利用でき、-1480円が月々割引されてauのほうが1000円近くお得になります。

結局、月々の料金は、iPhone 5s も iPhone 5c もドコモが若干割安ですね。5c (16GBタイプ)は本体料金を実質マイナスにしてくれる「月々サポート増額キャンペーン」(1年)があります。

結局、ドコモ流出ユーザーは、下取り制度と「ドコモへおかえり割」を利用して、戻った方がお得になりそうです。それに、故郷へ帰ることができたという安心感に勝るものはないかもしれません。

ただし、上記の例は、機種代金が含まれておりません。発表されたら、上記の内容は大きく変更されるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事