ドコモ光とNTTフレッツ光の料金を比較!乗り換え(転用)の分岐点は?

スポンサーリンク

NTT光回線卸とドコモのスマホの「セット割」として鳴り物入りで登場し、2015年2月からサービスを開始する「ドコモ光」ですが、料金をNTTフレッツ光と比較してみました。結論から言うと、光回線だけの比較は「ドコモ光」が高くなます。一方ドコモ・スマホ1台の「ドコモ光パック」(セット割)なら「ドコモ光」が数百円程度お得になり、ドコモ・スマホ4台程度なら約2500円お得になるようです。このあたりの家族構成が乗り換え(解約ではなく解約金のかからない転用)の分岐点でしょう!以下に詳細を。

ドコモ光とNTTフレッツ光

2015年2月2日追記:ドコモ光の単独契約は現時点ではできませんが、将来的に可能になるとのこと。さらに、NTTフレッツ光から一旦ドコモ光へ転用(乗り換え)したあと、再びNTTフレッツ光への転用つまり再転用はできず、新しい電話番号を伴う新規契約になるそうです。つまりフレッツ光へ戻る場合は固定電話の番号は捨てる必要あります。

光回線の乗り換え(転用)

NTT光回線の卸売が2015から開始し、各通信事業者がこぞって光回線の提供を開始します。多くの事業者が名乗りを上げおり、既存のフレッツ光契約者は乗り換えつまり転用を考えているかもしれません。私もその一人です。

その一つである「U-NEXT」も2月から光回線「U-NEXT光」の提供を開始しますが、フレッツ光の料金比較については昨日書いた通りです。(主にマンションタイプでの比較。)

NTTフレッツ光からドコモ光などの事業者への乗り換えは解約ではなく転用としての扱いで、縛りのある「ど~んと割」など契約中かつ解約月でなくても、解約金を払う必要はありません。(NTTカスタマーサービス 0120-116-116で確認済み)

ドコモ光とNTTフレッツ光の料金を比較

今回は昨日発表された「ドコモ光」の料金プランとフレッツ光の料金を比較してみます。(結論は冒頭の通りですが。)

NTTフレッツ光

以下の比較はすべて税抜で、NTTフレッツ光は300円割り引かれるグループ割(毎月300円引き)に入っていることが前提です。さらにISP(インターネットサービスプロバイダ)を含でいるかどうかも注意する必要があります。

2015年5月17日追記:4月末で「ど~んと割」の新規申込みは終了しました。現在ご利用の契約者は継続されます。さらに期間限定で「Web光もっと2割」は継続しています。

まず、まず、NTTフレッツ光 ファミリータイプ(戸建)の新規で「Web光もっと2割」を申し込むとします。通常5400円のですが、「Web光もっと2割」で3,810円です。

ここから、「グループ割」の適用で300円割引。さらに、最安プロバイダとしてBB.ecite光 を選択すると月々500円だけの加算で済みます。固定電話の電話を光電話として利用するプラン「ひかり電話」に加入すると月々500円の加算。したがって、NTTフレッツ光の戸建プランの最低価格は4,510円/月(税抜)となります。(ひかり電話なしなら 4,010円です。)

※ ファミリープラン(戸建て)の「Web光もっと2割」の料金の推移と解約金についてファミリープラン(戸建て)のWeb光もっと2割 の料金の推移と解約金について

マンションタイプ(4世帯以上)の場合、通常3,700円ですが「Web光もっと2割」を適用すると月額2,930円に割引されます。さらにグループ割で300円引き。上記のように最低価格のプロバイダと「ひかり電話」を追加して、3,630円/月(税抜)となります。(光電話なしなら 3,130円です。)

※ マンションプラン(集合住宅)の「Web光もっと2割」の料金の推移と解約金について。マンションプラン(集合住宅)のWeb光もっと2割 の料金の推移と解約金について

「Web光もっと2割」適用時のフレッツ光をまとめてみると以下の通り。

  • 戸建て・・・4,510円/月(「ひかり電話」無しの場合 4,010円です。)
  • マンション・・・3,630円/月(「ひかり電話」無しの場合 3,130円です。)

ドコモ光

次にドコモ光です。以下の料金は2年の縛りがあります。(2年契約を選択しない場合、戸建なならプラス1,500円、マンションならプラス1,000円となります。)

プロバイダ料金込のタイプAで選択できるプロバイダは、ぷらら、ビッグローブ、hi-ho、DTI、BB.excite、エディオン、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、ANDLINE、U-Pa!(U-next)、Qit、ドコモnetなど。
一方 タイプBで選択できるプロバイダは、AsahiNet、So-net、ニフティ、OCNなどです。

光回線のみ比較

仮にプロバイダを「ぷらら」にすると料金プランは「タイプA」になり、「戸建」が5200円、マンションタイプが4000円。フレッツ光と比較すると「戸建」が790円高く、マンションタイプは470円高くなります。(乗り換えつまり転用のメリットは全くありません。残念。)

※ 固定電話の番号を引き継げる「ひかり電話」は別途500円/月が発生します。

image

以上のようにドコモ光とフレッツ光を光回線単体で比べると、ドコモ光の料金はNTTフレッツ光より1000円近く高くなり意味がありません。

しかし、ドコモのスマホのデータ通信契約とのセット割「ドコモ光割」なら、割安感がでます。

スマホのセット割で比較

以下は2年契約の戸建に「ドコモ光」で光回線を引いた「ドコモ光パック」(セット割)です。ドコモのスマホ4台契約の家族が「パケあえる 30GB」を選択すると、3200円 つまり一台当たり 800円 お安くなります。スマホ一台契約でデータLパックなら、1000円割引を受けられます。

image

つまり「マンションプラン」と「戸建プラン」を比較すると家族シェアプランは割引が数百円ずつ少なくなり、一人は割引額は同じです。

image

比較の結果、ドコモ・スマホ1台の「ドコモ光パック」(セット割)なら「ドコモ光」がフレッツ光より数百円程度お得になり、ドコモ・スマホ4台程度なら約2500円お得になるようです

「光スマホ割」で比較

さらに新規契約とMNPのみですが、ドコモ「光スマホ割」というものがあり、1年間毎月1350円の割引が受けられます。こちらはスマホの乗り換えでかなりお得になりそうですね。

確かに「auひかり」とauスマホのセット割つまり「スマートバリュー」のほうが「ドコモ光パック」よりちょっぴりお得です。auは2年間ですが、スマホ1台あたり1,410円、4人家族で5,600円の割引ですから。

でも、NTTフレッツ光契約者で現在ドコモ以外スマホを利用しているなら(つまり我が家のように)、家族ごとドコモに乗り換えるのは正解かもしれません。ただし「auひかり」料金との比較は考慮していません。

こうしてみると、ドコモはauの「スマートバリュー」との料金的な差別化を図っておらず、あくまでも既存のフレッツ光ユーザーがドコモにとどまるか、またはスマホをauやソフトバンクから乗り換えて、ドコモでできるだけ長く使ってもらおうと考えていことが分かります。

結論

以上のことから、NTTフレッツ光と「ドコモ光」の「セット割」を比較すると、スマホ1台だけならフレッツ光からドコモへ乗り換えるメリットほとんどなく、家族4名程でスマホを利用しているなら少しだけ(約2500円)お得になる程度ですね。でも、既存のNTTフレッツ光ユーザでauやソフトバンクのユーザーが家族ごと乗り換えるなら、かなり恩恵が受けられそうですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. 濱田 剛寛 より:

    ドコモ光に幻滅です。数ヶ月前にガラケーをスマホに交換した際、「料金が安くなる」とフレッツ光からの転用を進められ契約しましたが、その時には転用前の割引契約のことについては触れず、ドコモ光のメリットばかり説明されました。先日、申込みキャンセルの文書が届き「光スマホ割り1350円を中止する」とありました。「ドコモ光サービスセンター」へTELすると「光電話の契約者とスマホの契約者が違うので工事できない。転用続けて希望する場合、転用承諾番号を再取得して連絡して下さい」と言われました。固定電話も携帯&スマホも私以外は契約しておらず、改めてフレッツ光の契約(契約から2年以内)を点検すると、解約違約金が必要なこと、「ど~んと割1790円」「グループ割り300円」が適用されており光スマホ割りより安くなると解りましたのでそのままにしました(間違ってるかも・・)。現契約解約のデメリットも解っているはずなのにドコモは一切説明がありませんでした。こんなことってあるんでしょうか?。