新型「ディザイア」(Desire HD 001HT)のハイビジョン動画でユーチューブやユーストリームもキレイに!

スポンサーリンク

アンドロイドのスマートフォン「ディザイア(Desire)」が、iPhone4にはない美しい動画撮影と、迫力大画面になって、帰ってきた!なんとパソコン並みの美しさで、ユーチューブやユーストリームを視聴できる!

ソフトバンクのアンドロイド携帯「Desire(ディザイア) HD 001HT」 かなり好評だった台湾HTC製の「Desire X06HT」の映像機能と動画撮影機能を飛躍的に向上させた「Desire(ディザイア) HD 001HT」が話題になっていますね。つい先日スマートフォン「ギャラクシー エス」「ギャラクシー タブ」を発表たドコモへの対抗心むき出しのソフトバンクの姿が見えますね。

ディザイアの映像機能は最高!

台湾製のこの「HTC Desire(ディザイア)」はもともと、iPhoneにはないカメラ機能500万画素が充実していました。

その500万画素が、800万画素になり、画面も一回り大きくきめ細かい液晶ディスプレイになったのが、今回ソフトバンクが発表した「ディザイア」(Desire HD 001HT)ですね。

パソコンで視聴するかのようにキレイにUstreamやYouTubeなどを閲覧できるそうです。

その高画質映像をささえる心臓部であるCPUは1GHzの高速CPUである「Snapdragon(R)」だそうです。これがサクサク動作を可能にする縁の下の力持ちになったようです。

スポンサーリンク

アンドロイド携帯が主流に

世界的にみればすでにiPhoneよりもアンドロイド携帯のほうが多くなっている今、ソフトバンクはすでに手を打ちつつあるようです。

iPhone4を独り占めにしているソフトバンクはこれからはアンドロイドの時代であることを見据えて、スマートフォン市場のシェアを広げようと戦略的な計画を次々に発表するのではないでしょうか?

ソフトバンク、ドコモ両陣営のこのスマートフォン市場での優位性は、もはやハードではなく、り魅力的なアンドロイド版のコンテンツをいかに充実させるかがカギではないかなっと思います・・・。

ソフトバンクのアンドロイド携帯向けの新プラン料金

ところで相変わらずパケット定額は高いですね。ソフトバンクのアンドロイド携帯向けの新料金プランは月額390円からですが、上限5985円でパケット通信が使い放題になるようです。もっと安くしてよと言いたいです。

ソフトバンク:アンドロイド2.2のスマホ 15日から予約開始 – 毎日jp(毎日新聞)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事