「Edy|au (エディエーユー)」で 「auかんたん決済」でEdyチャージが簡単に!楽天とKDDIの業務提携で広がるサービス

スポンサーリンク

auの「KDDI」と通販の「楽天」が業務提携することになり、相互に利用可能なサービスが広がりそうです。手始めに「Edy|au (エディエーユー)」が導入され、手始めに電子マネー「エディー」を利用しているauユーザーはクレジットカード利用せずに、簡単にケータイやスマートフォンのおサイフケータイに簡単にチャージできそうです。image

楽天が電子マネー「Edy」(エディー)で知られるビットワレット株式会社を傘下に収めて、Edy関連のスマートフォンアプリ「楽天Edyアプリ」などをリリースして話題になっていますが、今度はKDDIとも業務提携して、互いのユーザーの利便性を高め合おうとしています。

「Edy | au (エディエーユー)」

「Edy | au (エディエーユー)」という新しい概念で、auユーザーの電子マネーEdyの利便性を高め始めるようです。

これには、まずauの利用料金(通信料金)と合算してサービス利用料が引き落とされる「auかんたん決済」にEdyへのチャージ料も含められるようになります。(2011年8月4日スタート)

2011年8月3日追記

明日から、「Edy | au (エディエーユー)」がスタートします。au携帯から直接、月額最大1万円までチャージ可能になります。利用限度は以下の通りです。 KDDI株式会社

image

2年以上利用のauユーザーなら、20歳未満の方は最大で月3000円までチャージ可能、20歳以上は最大で1万円まで。少ない気がしますが、ポイントをむやみに加算できないようにしているのでしょうか?(楽天スーパーポイントはauポイントがゲットできますから。)

「Edy | au」誕生キャンペーン

サービス開始を記念してうれしいキャンペーンがあるようです。2011年8月4日から2011年8月31日の間に、上記の「Edy | au (エディエーユー)」を初めて利用して、1回で5,000円以上チャージユーザー全員がEdy500円をゲットできます。

また「Edyオートチャージ」といって、ネット接続されたスマートフォンで簡単にEdyにチャージができるスサービスの決済も「auかんたん決済」で可能になるようです。その場合は「Android Edyアプリ」をダウンロードして利用します。(2011年9月27日スタート)

楽天利用時に「auかんたん決済」

さらにauのケータイやスマートフォン「ISシリーズ」で楽天ショッピングを利用した場合に「auかんたん決済」の利用が可能になり、通信費と通販利用料金が合算されて引き落とされるようになるようです。

今回のKDDIと楽天の提携で、通販や電子マネーなどの楽天サービス利用時の決済方法が多様化したことは、auユーザーにとって便利になりそうですが、私としては楽天の電子マネー「楽天キャッシュ」が楽天の通販利用以外の様々な決済に充てられる(たとえばauの利用料金に当てられる)ようになることを期待しています。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事