ドコモ「スマートホーム」構想(2013年)のまとめ!「ドコモタブレット dtab(ディータブ)」や「d stick」で家庭で楽しめる

スポンサーリンク

ドコモ2013年春モデルは、dマーケットのコンテンツや家庭で録画された高画質映像を、端末や家庭のTVで自由に楽しめる「スマートホーム」構想を中心にしているようです。なかでもスマートTV「d stick」やWiFi専用の「ドコモタブレット dtab(ディータブ)」に注目です。

image

ドコモの加藤社長が最後に気合を入れて説明していたのが、ドコモ「スマートホーム」構想です。この構想はお茶の間でも自由にドコモのdコンテンツを楽しんでもらうことが中心です。

まず、10.1インチのドコモタブレット「dtab(ディータブ)」を利用して、小さなスマートフォンだけでなく大きな画面でもdマーケットの動画やゲームを楽しんでもらおうというもの。

さらに「エクスペリア Z」をはじめとするフルHDディスプレイ搭載のドコモ スマートフォンで、家庭で録画した高画質映像を再生できるように「TWONKY BEAM」とタイアップしたようです。

image

専用アプリ「Twonky BEAM」を利用すれば、地デジをフルHDで録画した高画質映像をベッドや書斎で自由に楽しめそうです。

image

さらにAndroid仕様の「SmartTV dstick」をテレビに差し込むだけで、dマーケットのコンテンツを大画面で楽しめるようになります。追加料金はありません。

image

さらに「ひかりTV」も今回発売のスマートフォンで視聴できるようなります。

image

2013年ドコモの春モデルは、各端末の機能性を強調しているというより、dマーケットをいかに利用してもらうかに焦点をあてているように感じますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事