ペット監視に役立つぞ!iPhoneからPCをリモートコントロールできるアプリ「Chrome Remote Desktop for iOS」登場

スポンサーリンク

Androidに続きiOSつまりiPhoneやiPadでWindowsPCを遠隔操作できるアプリ「Chrome Remote Desktop」が登場しました。使い道をあえて挙げるなら、自宅にあるPCのWebカメラを通じて自宅で飼っているペットの様子などを監視できそうです。では初期設定や使い方を以下にメモします。

iPhoneからPCをリモートコントロールできるアプリ「Chrome Remote Desktop for iOS」


「Chrome Remote Desktop for iOS」

「Chrome Remote Desktop for iOS」の使い方を説明する前に利用した感想(私的評判)を挙げてみると、”役に立つシーンは少ない”と感じました。ファイルの転送は直接できませんし、あまりにも動作が鈍いです。自宅の光回線(Wi-Fi)でこんな具合ですから、3G/LTEなどのモバイル通信ならなおさらでしょうね。

自宅にペットの監視には使えるかも

あえて使い道を上げるなら、自宅のPCに搭載されたWebカメラによる室内監視カメラの替わりになります。室内でペットを飼っている方には、使えそうですよ。ただしPCがスリープ状態にならないようにあらかじめ電源管理で設定しておく必要があります。

アプリのダウンロードは以下より。

imageChrome Remote Desktop on the App Store on iTunes


準備としてiPhoneやiPadに上記のアプリをインストールする前に、Chrome リモート デスクトップ からChromeの拡張機能をインストールしておいたほうが早いです。

拡張機能インストール後、Chromeから chrome://apps/ にアクセスすると以下のアイコン「Chrome リモートデスクトップ」が表れます。

image

初回のみですが「承認」する必要があります。「続行」をクリック。

image

許可される機能一覧をよく読んで「承認する」をクリック。

image

「マイパソコン」のほうを選択して「利用を開始」します。

image

「リモート接続を有効にする」をクリック。

image

インストールファイルをダウンロードしてあげます。

image

ダウンロードするファイル名は[Chromeremotedesktop.msi]です。ダウンロード後に起動して完了者権限でインストールを完了させます。

image

さて大切なPINコードの設定です。Googleアカウントとこのコードでログインしているアプリや他のパソコンからリモートデスクトップが可能になるわけです。PINコートは6文字以上の数字です。(必ずどこかにメモしてから入力しましょう。)

image

最後にPINコードの確認です。

image

これでPCのリモートデスクトップ接続の準備が整いました。

image

リモート操作を許可したパソコンがChromeアプリ「Chrome リモート デスクトップ」の一覧に表示されるよになります。

image

iPhoneのアプリ「Chrome Remote Desktop」を設定する

次はiPoneやiPadにインストールした「Chrome Remote Desktop」の設定です。すでにアプリChrome for iOS をインストールしてPCと同じGoogleアカウントでログインしているなら、Chrome Remote Desktop for iOS の起動後は以下のように同アカウントで接続可能になっているパソコンが表示されます。それをタップします。

image

上記で設定済みのPINコードを入力します。

image

めでたくPCで表示中のディスプレイがミラーリングされます。機能は右上にあるように、ポインタ表示、キーボード表示、画面の最大化、接続先の切り替えです。

image

PCの背面カメラを起動してiPhoneで表示させてみました。

image

室内の様子が手に取るようにかかります、背面だけでなく前面カメラ付きのPCなら、室内のかなりの部分を監視できそうです。ペットを室内で飼っている方は楽しめそうですよ。ただしPCがスリープ状態にならないように電源管理を設定しておく必要があります。

以上、iPhoneで自宅のPCをリモートコントロールできる 「Chrome Remote Desktop for iOS」の使い方でした。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事