寝起きの悪さがツイートされてしまう「遅刻なう」Androidアプリが登場!通勤電車でも起こしてくれる機能付き

スポンサーリンク

かなり面白い目覚まし無料のAndroidアプリ「遅刻なう」が登場しました。アラームを止めずに寝過してしまうとアプリが勝手にTwitterへ投稿してしまうのです。寝起きが悪いのがもろにフォロワーに露呈します。また「遅刻なう」に有料おオプションとしてGPS対応機能を追加でき、指定場所についたらアラームがなるように設定でます。通勤・通学電車で駅を寝過すことがなくなりそうですね。

image

Androidアプリ「遅刻なう」

エレコム(株)が開発した基本無料のAndroidアプリですが、このアプリを目覚ましとして時間を設定し、その時間にアラームを止めないとTwitterに自動投稿されます。最悪の場合は以下の流れの通り最後の最後までフォロワーのタイムラインにツイートされるようです。「遅刻なう」image

  1. 設定時刻になってもアラーム音を止めない場合、「寝過ごしなう」とツイート。
  2. スヌーズ設定でも起きないなら、「2度寝なう」とツイート。
  3. さらなる警告でも起きないようなら、「遅刻なう」とツイート。

このツイートを読んだ知人が電話で起こしてくれることを期待しても、はじめの数回は起こしてくれるかも。しかし、繰り返すうちに放っておかれるのが落ちですね。アラーム音を止めてツイート阻止です。ちなみにスマートフォンを振るだけでアラームを止められる機能付きです。

この目覚ましアプリ「遅刻なう」は無料とは思えない本格的な機能盛りだくさんです。

携帯の目覚まし機能と同様に、毎日設定だけでなく、平日や休日用の設定も可能で、時には「アラーム例外日」を設定して、目覚ましアラームが鳴らないようにできます。アラーム音はディフォルトの着信音だけでなく音声設定も可能です。

さらに冒頭でも紹介したように、GPSとの連携で位置情報とアラーム音を関連付けられるオプションの「通勤アラーム機能」があるので、通勤通学電車利用でも乗り過ごし、降り過ごしの心配が少なくなります。

基本無料ですが、機能によっては広告も入るとか。その場合はオプションや以下のデザインのウィジェットを購入すると消えるそうです。

image

とにかく、Twitterを使う人はこのAndroidアプリ「遅刻なう」はかなり面白い目覚ましアプリとして利用できそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事