有料になった「イメージングスクエア」でフォトアート売買が可能になった!PCで内職の幅が広がる

スポンサーリンク

これまで無料のデジタル写真加工サービスだったカシオの大人気サービス「イメージング スクエア」が大幅なリニューアルと同時に、月額315円の有料サービスになってしまいました。思わず「どうして!」と叫びました。しかし追加された新機能を詳しく見てみると、カメラとPCによる内職の可能性がまた広がりそうです。実は加工したデジタルフォトアートの売買が可能になったのです。では今回追加されたその新機能とは?

image

新「イメージング スクエア」の新機能

まず、注目したい点はPCでお小遣い稼ぎ、または内職可能になったという新サービスです。(売れると始めからあまり期待しなように。)「イメージング スクエア」の様々なツールによってデジタル加工した絵画の売買の場「販売ギャラリー」が追加されました。

販売ギャラリー

これによって、写真の加工を得意とする人や趣味にしている人はちょっとしたお小遣い稼ぎができるかもしれません。当然ですが、あなたの加工したデジタルフォトアートを購入したい方も有料会員になっておく必要があります。

image

腕が上がると、かなりの値段を付けることができるかも。ちなみに冒頭の「販売ギャラリー」の中で売られているデジタルフォトアートの題材はゴールデンレッドリバー犬の海を背景にした”たそがれ”写真を加工したものですがが、なんと5250円で販売中です。かなりの自信作のようですが、売れるといいですね。

ダイナミックフォト

「ダイナミックフォト」も新サービスの一つですが、いわゆる合成写真です。下の画像は、「イメージングスクエア」のマイページにアップロードしたお気に入りの写真からオウムを切り取って、町の歩道の写真を背景にして合成させたものです。かなりアバウトに切り取って合成したのですが、それなりに見えるところが、「ダイナミックフォト」のすばらしいところです。

image

DPアニメーション

これは上記の「ダイナミックフォト」ように、背景写真と切り抜いたキャラクターを合成してアニメーション動画を簡単に制作できる新サービスです。バックブラウンドミュージックとして様々な音楽素材も用意されていますので、コミカルなアニメができそうです。自作のDPアニメーションはPCにダウンロード保存することも可能です。

image

他にもツイッターやフェイスブック、ミクシーなどのSNSとの連携によって簡単に共有できたり、無料のアプリ「IMAGING SQUARE」によってスマートフォンでも閲覧可能になりました。CASIO

image

私は、今回のカシオの「イメージングスクエア」が月額の課金制になって少し残念に感じたのですが、魅力的な写真を撮って様々なアレンジができる加工技術を利用し、完成した自信作のデジタルフォトアートを「販売ギャラリー」で販売にまでこぎつけることができたら素晴らしいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事