Bluetooth(ブルートゥース)の2つの問題(プロファイルとペアリング)は男女の中のように厄介だ!

スポンサーリンク

無線の規格にBluetooth(ブルートゥース)が加わり、PCのスカイプ通話、携帯電ハンズフリー、スマートフォン対応のキーボードなどに使われるようになっていますね。Wiiのコントローラーにも使われているようです。Wiiでスポーツをしている我が家ではBluetoothにかなりお世話になっているわけですね。

Bluetooth(ブルートゥース)のプロファイルとペアリング

しかしBluetooth(ブルートゥース)は融通性があまりないようです。ではBluetooth(ブルートゥース)の注意は?以下の2つです。

  • ”相性”・・・プロファイル
  • ”結婚式”・・・ぺリング

プロファイルの問題

Bluetooth(ブルートゥース)の通信規格(プロファイル)が統一されていないようですね。

たとえば、

  • A2DP・・・ステレオ音声の転送用
  • BPP・・・プリンター
  • HFP・・・携帯電話の発着信

他にも多くのプロファイルがあります。ですから、自分の使用している機器をつなげるためのPC,携帯電話、ヘッドフォン、プリンターの対応状況をよく調べなければあとで問題が生じるようですね。つまり”相性”を確認する必要があります。

スポンサーリンク

ペアリング設定

Bluetooth(ブルートゥース)が厄介なのは、使い始めるまえに”結婚式”つまりペアリング設定をしなければならないということ。

たとえば、パソコンとヘッドフォンを接続するためのペアリング方法は、ヘッドフォン側のセッティングモード(ペアリング設定モード)にして、パソコンからBluetooth(ブルートゥース)で接続可能なハードを探させます。

Bluetooth接続可能なヘッドフォンが見つかると、接続したいヘッドフォンのPINコードを入力して、ペアリング終了、つまり”結婚式”が終わり、見事”夫婦”に、一体になったのです。(複数の機器と接続できるマルチ接続タイプもあり、つまり二また、三またをかけることが可能です。)

以上のようにBluetooth(ブルートゥース)は

  • ”相性”・・・プロファイル
  • ”結婚式”・・・ぺリング

の問題がありますが、使い始めれば快適な環境を実現します。無線なのでやっかいなコードでつまずいたり、首が締められたり、コップが巻き込まれるようなことが無くなるので安全ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク