ブログメディア運営による収入を得る方法と心構えとは?この一年半を振り返って

スポンサーリンク

このブログメディア「Webと人のアマモ場」も運営開始で1年半(18か月)が過ぎて、ようやく軌道に乗りつつあります。そこで、この一年を振り返り、ブログメディアの運営でどのように収入(収益)を上げることができるか、またそのための不屈の心構えを改めてまとめてみます。

image

1年半を振り返る

ブログを立ち上げて、すでに18カ月が過ぎました。立ち上げ当初は書き続けるのに困難を感じていましたが、今思えばよくやったと思います。

image

「Webと人のアマモ場」のコンセプトは、運営者の私がアクセスなど気にせずに興味あることを記事にするというスタイルが中心です。その中には、ネット、PC、モバイルなどに関する初心者向けの情報や、人生や生活の有意義な送り方、節約やお得なお金の話、自分が欲しいと思う役立つグッズ情報などを含めてきました。

その結果アクセス状況は、上記の通りです。ここ数か月のPV急上昇はフェイスブックからのトラフィックです。(フェイスブックなどのSNSからのトラフィックはほとんど収益にはなりませんよ。)

収入に関しては、今年に入り平均PV30万/月以上になりかなり安定しており、コンビニでのアルバイト程度になってきました。しかしそれだけではまだ生活できるほどの収入にはなりません。目標は(SNSなどからの流入は除外し)月平均100万PVです。

スポンサーリンク

収入を得る方法

ブログメディアによって生活できる収入を得るためには、どこから収益化(マネタイズ)をはかるかということが問題です。(ブログメディアとは、ブログと同じと考えても構いませんね。厳密にいえば、ブログとはシステムであり、メディアとはコンテンツと思えば良いような気がします。)

収益化に関しては、 livedoor ディレクターブログが参考になりました。その記事を参考に、私の経験からコメントしてみます。

Google AdSense

やっぱり一番は、アドセンス(Google AdSense)の力を借りることでしょうね。我がブログでもお世話になっていますが、先月(7月)は収益の65%を占めました。

このアドセンスを最適化することは、アドセンスの公式ブログInside Adsense – 日本語: 最適化にあります。中でも私がクリック率(CTR)を上げるために行ったことは以下の通りです。星印は自分が感じた効果を主観的に表します。

  1. 記事の直下に置く(★★★★★)
  2. 広告は最も大きなサイズを使う(★★★★)
  3. テキスト広告とイメージ広告の両方を表示させる(★★★)
  4. 記事の上に置く(★★)

アドセンスの収益の最も大きな部分は、1の記事の直下に大きなサイズの広告を置くことでした。ですから、読み応えのある記事を書いて、確実に最後まで記事を読んでもらうことがブログメディア運営でこれ以上ないといえるほど最も大切なことだと感じています。これはグーグルが口酸っぱくして言っていることです。そのことについては以下の記事で書いています。

ブログ運営のヒントが盛り沢山のGoogleからウェブマスターへの通告
閲覧者を引きつけてやまないブログ記事の書き方?ブログ運営で成功する秘訣

そのことは上記の「livedoor ディレクターブログ」記事でも次のように分かりやすく指摘されていました。

ブロガーにはブログの内容を向上させることに注力しほしいと願っています。少年ジャンプの作家が売上げを意識していたら、作品の質は確実に落ちてしまいます。

アドセンス以外で、他にもブログで収益を上げる方法としては、やはりAmazonアソシエイトや楽天、他のアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)を少な目に利用することですね。肝心なのは、少な目にです。

人間欲をかくと、記事の内容が偏りが出てきます。ひいてはそれが検索エンジンや実際の閲覧者(ユーザー)の離反に通じてしまうものです。

心構え

心構え手としては以下の2つが最も大切な気がしています。

  1. 継続(詳しくはブログの成功の秘訣も「継続は力なり」だった?
  2. 質の高いコンテンツ(記事)の作成(詳しくはブログ記事の書き方
    これに関しては自分で興味ある話題がでれば、詳しく調べて分かりやすく記事にするというやり方が一番続くやり方だと思います。

ブログのシステム(このブログはWordpress)や技術などは、いやでも学んでいかねばならず、面白い面もあるので、誰でもある程度習得ができます。その習得の過程もコンテンツの一部になるのですが、それが中心になると頭打ちになりますので、そこそこにしておきます。フリーソフトやWeb技術に関する情報も同じです。

以上が、この一年半ブログ運営で学んだことや確信したことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク