フロントガラスに浮かび上がる「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニット」カーナビ発売!パイオニア

スポンサーリンク

またまた近未来映画(SF)に登場していたディスプレイが登場しました。ヘッドマウントディスプレイならぬヘッドアップディスプレイです。フロントガラスにレーザーでカーナビ情報を映し出すというもの。パイオニアのカーナビ 新型サイバーナビ「AVIC-VH99HUD」の登場です。一体どのようにしてフロントガラスに案内情報が浮かび上がるのでしょうか?

image

「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニット」

パイオニアがカロッツェリアのブランドで販売している「サイバーナビ」の最新モデルが、「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニット」を搭載した「AVIC-VH99HUD」です。

従来のカーナビは本体がダッシュボードに設置されており、走行中のナビゲーション確認は注意が必要でした。つまり視線を下に大きくずらし映像での長時間の目視による確認は危険で、音声での確認に頼らざるを得ませんでした。しかしこのサーバーナビは、「AR HUD ユニット」を設定フロントガラス上部に設置して、ヘッドアップディスプレイをフロントガスにレーザーで映し出すことによって、走行中でも比較的安全に、仮想的に映し出されたカーナビ情報を確認しながら運転することを可能にしました。

案内虚像(映像)は現実空間に溶け込むように、約3m前方に横90cm 縦30cmの範囲に仮想的に映し出されるようになっており、安全性を高めているようです。つまり、信号機などの現実空間への目の焦点位置から、それほど焦点位置の移動をせずに、浮かび上がったサイバーナビの情報を確認できるわけです。日経プレスリリース

パイオニアの公式資料では、以下のように、AR HUDの仕組みとして、なぜ映像と風景が重なり合って見えるかが図解されています。

image

image

ヘッドアップディスプレイで表示されると同時に、サイバーナビ本体にも仮想現実が映し出されています。

image

様々な「HUDモード」

「HUDドライバーモード」は以下のように、目標地点までの案内がフロントガラスに浮かびあがります。左上は、目標地点までの距離、左下は到着予想時刻、右下は車の進行方向と基準となる目標方向を比較したコンパス情報です。

image

image

「HUD交差点リスト表示」では、三つ先までの交差点情報が、距離、名称などと共に移し出されます。

image

image

「HUDハイウェイモード」。高速道路走行時の表示モードで、区間内の混雑状況、予想経過時刻、直近3施設の情報が現実空間と共にヘッドアップディスプレイに移し出されます。

image

image

HUDマップモード。目的地へ通じる案内矢印や距離、周辺マップ情報などが浮かび上がります。

image

image

 

 

image

価格や詳細はAmazon楽天からどうぞ。

まとめとして、公式動画をご覧になると、新サイバーナビの「ヘッドアップディスプレイ」とはどのようなものかが分かります。

なお上記の「AR HUD ユニット」が付属しているサイバーナビは「AVIC-VH99HUD/VH99CS、ZH99CS」 です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク