顔出しNGのブロガーは絶対的に不利な時代に!拡散されるブログとは?SNSで拡散されるコンテンツのランキング

スポンサーリンク

自分のブログがSNSでバズらないのはなぜだろう?悩んでいるのは私だけ?のはずはないですね。ブロガーなら一生懸命書いた記事がTwitterやFacebookで拡散されるのを願うはず。SNSで拡散されるコンテンツの種類に関する調査が実施されました。やっぱりリアルな結びつきのあるコンテンツの拡散がダントツみたいですね。そうしますとアレですね。・・・

image


ソーシャルメディア全盛の時代にブロガーが生き残る方策とはいったい何でしょか?

すぐに思いつくのはフォロワーを増やすことかもしれません。しかし、やみくもに増加させたとしてもブログへの流入はわずか数パーセント程度だそうです。(数打てば当たるのような法則が成り立ちますが・・・。)

Googleなどのオーガニック検索にたよらず、一人でも多くの人にブログを見に来てもらうにはどうすればいいのか?つまり拡散してもらうためにはどうすればいいのか?といったことが知りたいわけです。

インターネット上の「情報流通構造調査」の結果(http://www.dentsu-pr.co.jp/wp-content/themes/dpr_themes/release/20130906_data.pdf)なる資料が好評されました。image

ブロガーとして最大の注目点としては「最も拡散されやすいコンテンツ」でしょう。以下はそのベスト3です。

  1. 「友達のブログやSNS、twitter」(60.8%)
  2. 「ニュースサイト・ニュースアプリ」(57.8%)
  3. 「ポータルサイト」(53.7%)などの順。

1位の「ブログ」は「友達の」が付いていている点です。つまりリアルな結びつきのある人が書いた記事だということが分かります。

一方、あまり知らない「ブログ」の拡散は 30.3% という結果も出ています。つまり、あまり知らない「ブログ」よりは「友達のブログ」がほうが断然シェアされる確率は高いわけです。(そりゃそうだ!)

つまり、ブログに本名と顔出ししているプロフィールをしっかり設置して、リアルなつながりで積極的に宣伝することですね。(「ブログ書いているので見てね!」と)

逆に、顔出しNGのブロガー(匿名)は非常に不利に立たされていることが改めて分かりますね。(とは言ってもこれまでずっと顔出しNGだったブログにとってはどうしようもない・・・・?)

GoogleもGoogle+で著者情報(オーサー)を出している人のブログ記事が検索エンジンで表示される場合、その著者情報もしっかり表示され、クリック率も高くなると言われています。その点でも顔出しNGのブロガーには厳しいものがありそうです。

image

スポンサーリンク

これからブロガーとして成功したい

今回の調査結果は、これからブロガーとして成功したい人がブログ開設時に運営の方向性を慎重に考慮してから取りかかった方が良いことを浮き彫りにしております。

@ama119 は今しばらくこのブログで勝負を続けることにしますが、いずれ顔出しでどこか別のブログを立ち上げているかもしれません。

見ず知らずのこのブログでもいいなら、フォローお願いします。フォロー返しもします。

ちなみに、拡散されやすい話題としは以下の通りです。圧倒的に「事件・事故のニュース」や「笑ってしまう面白い情報・ネタ」がシェアされやすいんですね。私が書いているネタは赤で囲ってあります。

image

以上、この記事のような【ブログ運営論】みたいなことも書いておりますので、フォローお願いします。

Twitter RSS Facebook follow us in feedly Google+Youtube

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事