au(KDDI)で”圏外”解消の室内基地局が無料のモデム「auフェムトセル」で実現する!au頑張れ!

スポンサーリンク

今だにソフトバンクに魅了されているauファンの私ですが、auもサービス向上のたために頑張っているようですね。室内基地局をauの現ユーザーに無料レンタルするサービス私の家ではauは圏外、つまり電波が届かないということはありませんが、母の実家では(私の家から母の実家まで1kmも離れていない)は、しばしば”圏外”になってつながらないことがあるようです。そんな、家庭に朗報があります。

7月から室内基地局「auフェムトセル」をauの現ユーザーに無料レンタルするサービスが始まるようです。これによって、自分の家にいながら、”圏外”で電波がつながらないということが解消されるようです。

  • この”圏外”を解消するauの室内基地局「auフェムトセル」のサービスの条件と目的は?
  • このサービスの利用価値はあるの?

室内基地局のサービス内容と条件

もったいぶらずにこのサービス「auフェムトセル」説明すると、しばしば”圏外”になる場所、たとえば山やビルで電波が妨害されている場所でau携帯電話を使えるようになりためのものです。それを実現するが、家庭内限定の基地局(モデム)を無料でレンタルサービスです。このauの室内基地局サービスの条件は以下の要件を満たした時です。

  1. KDDIの光回線を敷いている(後に他社の光ブロードバンドもOK予定)
  2. 他の手段でauケータイの電波を受信できない

上記の条件が満たされれば、室内基地局を実現するモデム「auフェムトセル」をレンタルできるようです。このモデムは光回線に接続され携帯回線につながる仕組みになっています。一方モデムか発信される電波の範囲は10m程度ですから、まさに家庭限定の基地局ですね。

スポンサーリンク

このサービスの利用価値は?

このau(KDDI)のauフェムトセル室内基地局のサービスを受ける価値があるのは、家庭で電波がつながりにくいとう人以外にどんな人だろうか?

au(KDDI)の室内基地局のサービスを受ける価値それはネットは光回線にしているが、電話は固定電話を使わずに携帯電話のみと人にとっては利用価値が高いでしょう!(しかし「家族割り」など携帯通話が無料になるケース以外は固定電話の通話料のほうが断然安いですけどね。)

 

また、家の固定電話はありますが、仕事などの理由でどうしても契約しているau携帯を使わねばならない人でしょうね。

私の母の実家は、他社の光ブロードバンドを使っていますので、KDDIの光回線以外でも室内基地局が可能になる日を待つ必要があるようです。

ちなみにこの携帯電波のauフェムトセル室内基地局は、ドコモは有料ですでに初めており、ソフトバンクもすでにサービスの受付を始めているという!auファンの私としてはKDDIの対応の遅さには少しがっかりですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク