「IS01」待望のauのスマートフォン(アンドロイド携帯)だ!「IS01」大画面で「セカイカメラ」付き、3万のソフト!

スポンサーリンク

auファンである私が何度もソフトバンクに乗り換えようと思ったかは数知れず!それはスマートフォンであるiPhoneが使えるからだ!

しかし、今日発表されたau(by KDDI)がスマートフォンを2機種も発表したのだ。auブランドのスマートフォン「IS01」(シャープ製)はアンドロイド端末で、もう一つの「IS02」(東芝製)はWindowsMobileを搭載だ!

au(by KDDI)がスマートフォン「IS01」アンドロイド携帯

このauスマートフォンはどちらとも日本製がにくいね!auファンの私が注目した機能は・・・大画面で、いまはやりのAR「セカイカメラ」アプリが搭載、しかもアンドロイド携帯なので3万以上のソフトが使えるのだ!

au「IS01」の大画面が魅力的だ!

au「IS01」のタッチパネル式の液晶画面は5インチの大画面だ。このサイズになると、ケータイというよりネットブックに近いものがありますね。見やすい!私は営業でジャケットの内ポケットに入れるので、ギリギリ持ち運びできる大きさでなのでバッチリかもしれません。

しかし、ワイシャツの胸ポケットには無理ですね。そこは難点です!

さらにau「IS01」はアンドロイド携帯端末ですから、Googleが提供するアンドロイド対応アプリ(ソフト)を含めて3万のソフトが使えるのはすごいですね。(当然すべてはつかいませんが・・・)

スポンサーリンク

ARの「セカイカメラ」アプリ搭載

これは実際に体験したわけではないが、現実の空間映像に電子情報を映し出して楽しんだり利用したりできるサービス(AR)を使った「セカイカメラ」のアプリが搭載されているそうだ。めちゃすごそうです。

au「IS01」はアンドロイド

ARとはよく分からないが、GPSなどの情報を利用して、いまau「IS01」のカメラで今映し出している映像(建物や場所)が一体どんなものかを同じ画面に映し出してくれるのだ。これはすでにデジカメでもその機能がありますね。iPhoneでもあるそうです。(くやしい・・・)しかしアンドロイド版の「セカイカメラ」は当然世界初ですね。「IS01」は旅行には使えそうです。

しかしiPhoneにはない機能として、「Air Shot」が採用されているのだ。よくわからんが、とにかく撮影した映像に関する情報とコンテンツを同時に楽しめる優れた機能が盛りだくさんというわけですね。auスマートフォンはすごそうですね。

当然PCとの連携を図れるソフト「LISMO」にも対応しているんだろうな!どうやらそれは9月以降になるらしい。

なんだか何でもありのスマートフォンau「IS01」になりそうです。どうやら私としては、機能的に「IS02」よりは「IS01」が断然いいみたいです。アンドロイドのイメージが悪かったですが、今は拍手を送りたい気分のauファンの私でした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事