折りたたみスマートフォン「アクオスフォン ザ・ハイブリッド」がソフトバンクより!どう見てもケータイだ

スポンサーリンク

従来型の折りたたみ式のテンキー付きケータイに慣れているために、今はやりのフルタッチ方式入力のスマートフォンはどうもなじめないという人もいますね。しかし、スマートフォンの多機能さは味わって、アプリなども自由に使ってみたい人も。image

ソフトバンクは6月にシャープ製の「アクオスフォン」シリーズから、従来型の携帯のように、折りたたみ式のテンキースマートフォンを発売します。「アクオスフォン ザ・ハイブリッド 」(AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH)です。これって防水対応で、しかも1610万画素のカメラ機能です。

「アクオスフォン ザ・ハイブリッド」

スマートフォンを片手で操作するのは難儀する人がほとんどで、文字入力はどうしても両手を使ってしまう人がほとんどでしょうね。私たちは初期のケータイのスタイルつまり折りたたみ式のテンキー付き携帯にあまりにも慣れているのです。

そんな人にはソフトバンクの新型スマートフォン携帯がお勧めです。「アクオスフォン ザ・ハイブリッド」はスマートフォンでありながら、ふつうの携帯(フィーチャーフォン)と思っていいようです。image

つまり入力は、いつもの慣れたケータイのように、”パカッ”と開いてテンキーで操作できます。当然フルタッチパネル式の入力にも対応していますからiPhoneのように画面をタッチしながら入力・操作可能です。image

ディスプレイ画面は少し小ぶり3.4インチNewモバイル液晶で、シャープの得意技である裸眼3D表示対応です。

防水・防塵

「アクオスフォン ザ・ハイブリッド」の目玉の一つは、アクオスフォンシリーズでも防水・防塵機能を高めた点にあります。防水世界規格IPX5/IPX7に対応し、防塵はIP5X相当ですから、いわゆる生活防水以上です。アウトドア派の方は様々なレジャーシーンでこのスマートフォンを活用できそうです。

カメラ機能

カメラ機能は、現時点で発表されているスマートフォンの中では最高クラスの有効画素数1610万で、ハイビジョン動画に普通に対応していますから、そこらのデジタルカメラを持つよりはこの「アクオスフォン ザ・ハイブリッド」だけで十分鮮明な思い出を残せそうですね。さらに以下のカメラ機能が搭載。

image

・3D写真撮影はパノラマサイズ対応
・連写カメラ・・・しかも高画質での連続撮影
・一眼レフ風カメラやゴルフスイングビデオカメラ。

AQUOSとの連携

今はやりのホームネットワークとの連携もちょっとした楽しみになるかも。シャープ製のテレビ「アクオス」やブルーレイとWi-Fi接続したり、HDMIケーブルで接続し「アクオスフォン ザ・ハイブリッド」の画像や動画を大画面で楽しめたりも可能です。(個人的にはあまり使わないと思いますが・・・)カラーバリエーションは4つで、お勧めは一番左のミスティブルーです。

20110521141235

そのほか、日本独自機能である、「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線」も普通に搭載しています。これが嬉しかったりして!

20110521140943

大まかな仕様は以下の通り。

20110521141044

今回発表された「アクオスフォン ザ・ハイブリッド」(AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH)がソフトバンクから6月から発売されますが、今流行りのAndroidスマートフォンを使ってみたいが、従来型の2つ折りのケータイも捨てがたいという人にはかなりお勧めですね。