Apple「iPad」タブレットで何ができるの?答えは「何でもありの万能端末だ!」入手先は?

スポンサーリンク

ついに、 Apple「iPad」(電子ブックリーダー機能付き)タブレットPCが登場しましたね。iPhoneやiPod touchと同じ機能(音楽・動画・ゲーム、web閲覧)だけでなく、これから出される学校の教科書を含む電子書籍(Book)を読める電子ブックリーダー機能を備えるそうだ。つまり何でもありの万能端末のようですね。

Apple「iPad」

注目は、やはり電子書籍リーダーアプリの「iBooks」を用いて、iBookstoreから書籍や雑誌をダウンロードできる。アメリカでは、すでに学校の教科書を配信する構想が出来上がっているそうだ。

何でもありの高機能端末、 Apple「iPad」

じきに日本でも発売されるであろう Apple「iPad」は、ほんとに何でもありの高機能端末、タブレットPCになりそうですね。

iPhoneやiPodのように、映画、音楽、ゲーム、ネット閲覧できると同時に、目玉の電子ブックを読める。

アメリカでは、この電子ブックがこれからますます注目され、多くの出版社が Apple「iPad」向けに配信を計画しているそうだ。

新聞社、教科書出版社もこぞって参入する。

Amazon「Kindle」対 Apple「iPad」

今のところ電子書籍のシェアはアマゾン「Kindle」が圧倒的だ。これからは Apple「iPad」がどこまで版図を広げるかが注目される。

AmazonのKindle消費者の動向を見てから、出版業界がどちらに偏って配信しだすかが決め手ですね。あたかもHDVD対ブルーレイのような戦いになるかもしれません。

気になる日本での発売いつ?、入手先はどこ?だろうかといぶかってしまいますね。AmazonのKindleで読める電子書籍もないものね。因襲が強い日本の出版業界がかせとなっていると思います。

私としては、この端末に携帯電話機能が付けばいいのに!と思ってしまします。

 

[新製品]米Apple、遂に注目の「iPad」を発表!(RBB TODAY) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

フォローする

関連記事