社会貢献型のアンドロイド・マーケット誕生!有料アンドロイドアプリの入手時に寄付しようする太っ腹な日本人に!

スポンサーリンク

素晴らしい発想の社会貢献型ビジネスが誕生しましたね。それはアンドロイドアプリの購入時に社会貢献(寄付)できるというサービスAndroid Market「App2donate.com」です。 20110207142843

Android Market「App2donate.com」とは?

この「App2donate.com」はアンドロイドアプリをダウンロードできるマーケットで、googleの運営するAndroid Marketとは全く別物ですね。

とにかく発想が素晴らしいのです。「app2donate.com」は、飛躍的に向上するIT技術によって、少しでも社会貢献できるシステムはないか?というコンセプトで立ち上がり、今躍進しているアンドロイドアプリの有料販売時に、売り上げの10%を慈善団体に寄付するというものです。

20110207143020

同じ先進国でも、日本では欧米に比べて、まあり社会貢献という考えは浸透していませんね。たとえば米国では、一個人からの寄付は22兆円で、日本では、2189億円でそうです。あまりにも日本は社会貢献という概念が無さすぎます。その実情を改革すべく、この社会貢献できるアンドロイドマーケットが開始されるようです。

アプリ募集中

20110207143147 提供されるアプリはこれから募集されるようで、エンジニアの皆さんに強い要望が向けられています。「App2donate.com」側の手数料は25%でだそうで、75%は開発者に支払われます。売り上げの30%の手数料を徴収しているアップルに比べて、善意を感じることができるのがこのアンドロイドマーケットです。

アンドロイドアプリ開発を通じて、社会貢献したいプログラマー、開発者(デベロッパー)の皆さん!是非、ユーザーが購入したくなるような優良なアプリを開発して「App2donate.com」で販売してみはいかがですか。なおベータ版のオープンは3月1日からです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事