正式版「ATOK for Android」の価格1500円の価値は?文書やメール作成が中心の方は断然お得!

スポンサーリンク

無料版「ATOK for Android」が1500円の正式版になって2011年6月22日から発売されることが発表されました。多数のアンドロイド搭載のスマートフォンやタブレットPCに対応するようになるそうです。さて1500円の価値はあるか?

image

無料版「ATOK for Android Trial」は大人気

私もかつてはしばしばお世話になっていたワープロソフト「一太郎」で代表されるジャストシステムですが、その定番日本語入力システム「ATOK(エイトック)」がモバイルOSのアンドロイド(Android)にも対応しました。

無料の「ATOK for Android Trial」はが去年2010年の11月に発表され、かなりの数ダウンロードされて話題になりました。無料期間は当初より延長され(6月30日まで)、ジャストシステムのエンジニアたちはかなりの改良に取り組んでいたようです。その甲斐あっていよいよ正式版が6月22日に発売になりました。(ニュースリリース)

20110520090412

問題は料金です。1500円を一回払ってダウンロードすればずっと使えますし、さらに月額課金によってアップグレードも可能になるそうです。しかし、1500円の価値はあるでしょうか?

スポンサーリンク

テキスト入力はかなり充実!

メールや文書を打つことの多いユーザーは「ATOK for Android」の正式版を使う価値はかなり高いと思われます。以下の充実機能満載で1500円はかなりお得でしょう!

その筆頭機能は高精度の推測変換です。ケータイには必須の推測変換ですが「ATOK for Android」はさらに充実しています。入力履歴の学習機能は素晴らしいものがありそうです。image

入力方式も充実、「フラワータッチ」というワンストロークで最短入力できるジェスチャー入力方式や、「ケータイ入力」「フリック入力」「QWERTYキーボード入力」なども自分に使いやすいテキスト入力方式を自由に選べます。

さらに、「ATOKダイレクト for マッシュルーム」という機能もあるそうです。これはマッシュルーム対応アプリを呼び出す機能で、郵便番号から住所を呼び出したり、自分の電話帳からメールアドレスなどの関連情報を入力中に簡単に呼び出すことも可能。

さらに「ATOK for Android」の正式版でも3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の絵文字にも対応して、テキスト入力中でも簡単操作で呼び出すことが可能になっているそうです。

とにかく、文書を多く作成したり、メールを頻繁にしているAndroidスマートフォンユーザーにはこの正式版「ATOK for Android」の1500円はかなりお得であるに違いありません。

なお、発売当初はジャストシステムが感謝を示して、割引で正式版をダウンロードできるようする予定です。割引条件は分かりませんが、6月30日までの無料版をダウンロードして試しておいたほうがいいのかもしれません。無料版に興味がある方は、ATOK.comよりどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事