アンドロイド用ウイルスバスター・モバイルβ登場!無料で使えるセキュリティーソフトとして!

スポンサーリンク

これからますますアイフォーン(iPhone)やアイパッド(iPad)の占めるモバイル端末市場がアンドロイド搭載のスマートフォンやタブレットに浸食を受けるに伴い、セキュリティー対策の必要も出てきています。

今回優良なセキュリティーソフトで知られるトレンドマイクロがアンドロイドタブレット用の「ウイルスバスター(TM) モバイル for Android(TM)」を無償でダウンロードできるようにしました。

image

無料のベータ(β)バージョンとは言えかなり役立ちそうです。

不正プログラム急増

PCよりスマートフォンやタブレット端末を利用する時間が多くなったという調査結果が出た地域があるほど、これからますますスマートフォンやタブレット端末の利用が見込まれますね。そこで問題なのはセキュリティーの問題です。

アンドロイドを標的にしたウイルスつまりマルウエア(不正プログラム)が急増し、グーグルも対応に手を焼いているようです。たとえばトレンドマイクロによれば、2011年2月後半から3月上旬にかけて、少なくとも6種類の新種のアンドロイドを標的にしたマルウエアが発見されたそうです。

スポンサーリンク

「ウイルスバスター モバイル for Android ベータ」

アンドロイド向けのセキュリティーシステムの早期構築が必要とされる今、トレンドマイクロはかねてから定評のあるウイルスバスターのアンドロイド版を発表し無料でダウンロードできるようにしました。(トレンドマイクロ)

「ウイルスバスター モバイル for Android ベータ」の対象OSはAndroid2.1以上、3.0(タブレットに最適化されたOS)で、対象キャリアはドコモ、au、ソフトバンク、必要なマシンスペックは4MB以上の空き容量かつ7MB以上のRAMが必要です。

基本機能は以下の3つ

  1. ウイルススキャン・・・アプリを端末にダウンロードしたら、自動でリアルタイムのウイルスチェックを行う。手動スキャンも可能。
  2. 危険サイト検知機能・・・フィッシングサイトやマルウェア配布サイトへの接続をブロックしたり、有害サイトのフィルタリング機能。
  3. 着信およびメールフィルタ・・端末利用者が登録した送信元からの電話・メール着信をブロックしたり、交流サイト(SNS)からの送信をフィルタリングします。

image

クラウドなので軽い!

ウイルスバスターといえば「重い」というイメージがありますが、最近では全てをマシンにインストールするタイプではなく、クラウドセキュリティ技術というトレンドマイクロが開発したWeb上でのウイルス検知テクノロジーが採用されていますので、PCよりスペックがはるかに劣るスマートフォンやタブレット端末でもサクサク動くようになっています。

ダウンロード希望の方はトレンドマイクロからどうぞ。