アマゾンは電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」に見切り?キンドル用のコンテンツをPC,Apple,アンドロイドに開放!

スポンサーリンク

最近のアマゾンン(Amazon.com)のキンドル(Kindle)戦略はどう見ても、自前の電子書籍リーダー「Kindle」に見切りを付けたような気がしてならない!あれほど多くのKindleユーザーを抱えておきながら、Kindleを持っている利便性が感じられないようなサービスを次々に展開し始めめている。

アマゾンン(Amazon.com)のキンドル(Kindle)戦略は何でもありのiPhone,WindowsPC,Mac,iPad用のアプリあり。

なぜなら、アマゾンはアップルのiPadのセンセーショナルな売れ行きと評判をきっかけに、キンドル向けコンテンツ(電子書籍)をPCや端末の壁を超えて読めるサービスを展開しているからだ。では

  • キンドル向けのコンテンツ(電子ブック)を読める端末とは?
  • キンドルの今後の戦略とは?

キンドル向けコンテンツを読める端末とは

20100520133800

すでにその都度キンドルの情報をつかんでいる方はご存じでしょう!日本語のKindle用のコンテンツ(電子書籍)はほとんどないので、あまり話題にはなりませんが、今ではKindle用のコンテンツはほとんどのPCやタブレット端末(PC)、スマートフォンで読めるようになりつつあります。

すでにAppleの「Macintosh」、「iPhone」、「iPod」、「iPad」にはすでにキンドルコンテンツが読めるアプリケーションの提供を始めています。つまり「iPad」と電子書籍リーダーの分野で戦うつもりは毛頭ないのでしょうね。

20100520133856

他にも、アンドロイド端末向けには、ユーザービリティーを高めた付加機能付き「Kindle for Android」が発表されています。(夏予定)

そして、今回はアプリ「Kindle for PC」を発表して、Windows搭載のPCでもKindle用のコンテンツを読めるようにしましたね。Kindle for PCですでにダウンロードようです。

キンドル用のコンテンツは、各アプリを通じてKindle Storeで購入し、いつでもどの端末でも自由に購入し閲覧することが可能です。いわゆる付せんなどの機能も付いており、自分がどこまでかをすぐに確認し、続きをすぐに読み始めることもできようです。また読みながらマークを付けることも可能で、借りた本なら決してできないこともできます。

スポンサーリンク

アマゾンの戦略とは?「二兎を追うものは一途を得ず?」

冒頭でも述べたように、iPadのセンセーショナル発表と爆発的な売れ行きによって、電子ブックリーダーとしての「Kindle」の存在はすみに追いやられたような感じがしますね。

アマゾンのKindle戦略は「二兎を追うものは一兎を得ず」か?

アマゾンはどうやら「Kindle」の端末のシェア争いはしないと早々と決めたのではないでしょうか?しかし、これまでの圧倒的多数のKindle用の電子書籍をうまく使う道を探り当てたようです。

つまり従来のWindows、アップルのPC、アップル製の端末、アンドロイド端末ほとんどすべてにkindle用のアプリを用意したのはそのせいでしょう。つまり「二兎を追うものは一兎を得ず」をいち早く悟ったのでしょうね。

Kindle用に書籍を提供してきた出版社はこれでiPhone用などに改めて電子ブックを用意する必要はなくなるわけです。

日本の出版会社も、あまりハードにこだわらずに、電子ブックを出版できるような土壌が育ちつつあるのはやりやすいのではなかな?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. funa より:

    そもそも、Kindleのデバイスのシェアなんてどうでもいいんですよ。

    プリンタ本体を格安で売ってインクで儲ける商売と同じなので、ありとあらゆるデバイスに間口を広げたほうがAmazonにとって有利です。

    大事なのは”Kindle Store”の売上ですから。

  2. ちむ友 より:

    自分はキンドルで二つ、作品を出しました。

    キンドルのアマゾンDTPで電子出版した作品もiPadで見る事が出来れば素晴らしいと思います。

    創作活動を今後も頑張ります。