Amazon公式Chrome拡張機能「Amazon 1Buttonアプリ for Chrome」の利用法

スポンサーリンク

Amazon大好き人間にとって魅力的なChrome拡張機能が登場しました。「Amazon 1Buttonアプリ for Chrome」ですが、人気の商品をお得に買える「タイムセール」の速攻閲覧や、欲しい商品を見つけたときに簡単に「ほしい物リストに追加」できる機能など、購買意欲が刺激される機能が盛りだくさんです。閲覧中の商品のAmazon価格を教えてくれる「プライスチェック」は超絶使える気がするんですが・・・。以下にこの拡張機能の特長と利用法をメモ。

image

どうやらこの”Amazon中毒”加速拡張機能ブラウザはパソコンの利用歴を洗いざらい吸い取って最適な商品を教えてくれるようです。ブックマークの読み取りと変更までアクセスされてしまいます。詳細は規約をご覧ください。

image

でもこれでもAmazono公式アプリで、最近厳しいChromeアプリストアに登録済み拡張機能なので、一応安心して利用できそうです。あとは精神衛生上の問題です。そして表向きはAmazonで買い物好きなユーザーに役立つ機能ばかり。

Amazon 1Buttonアプリ for Chrome – Chrome ウェブストア

image

image

機能は全部で9つ。使ってみるとすぐに分かりますが、ざっと以下に解説しておきます。

検索・・・Amazonストア内の商品を検索して、新規タブで表示してくれます。

ほしい物リストに追加・・・他のサイトで欲しい商品を見つけたら、Amazonを改めて開かずに、リストに追加可能。image

プライスチェック ・・・一番使えそうな機能がこの「プライスチェック」。ネットサーフィン中にAmazon内で取り扱っている商品と同じものなら、Amazon価格を教えてくれるらしいのですが、利用できません。どうなっているのでしょね。

image

タイムセール・・・毎度おなじみの期間限定セールをその場で確認可能。

image

ベストセラー・・・Amazon内のランキング。カテゴリー内検索も可能。

マイストア・・・Amazon内の閲覧履歴、パソコンの様々な履歴から抽出されたデータから、Amazonからのおすすめ商品を確認できます。現在Cookiを許可かつAmaoznに常時ログインして利用しているブラウザで利用してみると、私の今の興味関心にかなりマッチしています。(←気持ち悪い人もいる。)image

スマート検索・・・「ほしい商品をAmazonとウェブで同時に、すばやく検索できます。」

なお機能の有効/無効は「設定」から行えます。

image

これまで価格の比較は同じChrome拡張機能である自動価格比較/ショッピング検索(Auto Price Checker) – Chrome ウェブストア を利用しておりましたが、比較対象サイトの中にあったAmazonがなくなっています。(以下の画像参照。)

image

それで上記のAmazon公式Chrome拡張機能の「プライスチェック」機能が役立ちそうですが、今のところ機能しません。なんとかならんかな?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事