環境省「スーパークールビズ」はポロシャツ、ジーンズ、無地のTシャツOKにはびっくり!企業にも推奨

スポンサーリンク

市役所の職員やビジネスマンがジーンズとTシャツ姿で登場したらどうですか?思わず訪ねた場所を間違えたかな?と思うかも。その光景は6月から実際に登場するようです。image

環境省は夏の電力不足問題で切羽詰まってクールビズをスーパークールビズに変更しました。なんとポロシャツどころかTシャツもOKだとのことです。解放感たっぷりの夏になりそうですが、抵抗感もありそうです。では、スーパークールビズは?

スーパークールビズ

これは文字通り、クールビズに「超」が付くものです。例年ノーネクタイのカッターシャツにスラックスの姿が夏になればお目見えしていたものですね。

今年は特に冷房の設定温度を引き上げるらしく、または扇風機などの節電対策に切りかえることが強く推奨されているので、政府(環境省)はクールビズをスーパークールビズに切り替えて、いっそう過ごしやすいように省内で取り組み、さらに民間企業にも強く推奨しようとしています。

具体的には、以下の服装までが許容されます。

  • 上半身・・・ポロシャツ、無地のTシャツ、アロハシャツ。
  • 下半身・・・破れていないジーンズやチノパン。
  • 靴・・・スニーカー。

一方以下の服装は行きすぎでNGです。

  • 上半身・・・柄の入ったTシャツ、ランニングシャツなど。
  • 下半身・・・ハンズズボン。短パン。
  • 靴・・・ビーチサンダルのような類。

抵抗感あり?

総務省は省内で上記の超クールビズで仕事をすることを認めま、また企業にも強く推奨することを打ち出しました。しかし抵抗感がある人も多いようです。

たとえばTシャツとジーンズ姿で外交に回っている営業マンを信頼できるでしょうか?手続きのために市役所などへ行って、従来のクールビズ姿の職員の中に超クールビズ(アロハシャツ、ジーンズ姿)の人がいたら、対応にどちらが出てきてほしいと思うでしょうか?

さらに新聞には、Tシャツによってメタ腹が明らかになってしまうことを恐れるビジネスマンや職員がきっと出るはず、とスーパークールビズの問題点が予想されていました。

しかし、多くの人はスーパークールビズを基本的に歓迎するに違いありません。普段着でいいのですら。6月から楽しみです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事