斎藤佑樹のCDデビュー「大空と大地の中で」で被災者への思いを歌う!チャリティーCDの発売日は?

スポンサーリンク

「ハンカチ王子」こと、日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手がいよいよ歌手としてCDデビューするらしいのです。歌は松山千春のヒットソング「大空と大地の中で」のカバー曲。とは言っても実は震災チャリティーCDの一部でちょっぴり出番があるらしいのです。

では、その「大空と大地の中で」の中で彼はどのフレーズを歌っているのでしょうか?歌手の斎藤佑樹の歌声が聞ける発売日はいつ?

image

斎藤佑樹のCDデビューの裏に

ドラフト一位で斎藤佑樹選手が日本ハムファイターズに入団し、いよいよ開幕か!という折に、東日本大震災が発生。様々な意味で斎藤選手には衝撃的な一年の幕開けになったようです。

それだけに、震災被害者たちへの熱い思いもひとしおとのこと。その思いをチャリティーCDの中で歌い上げたようです。nikkansports.com

スポンサーリンク

かれが担当する歌詞(フレーズ)は?

オリジナルソングではなく、松山千春のヒットナンバー「大空と大地の中で」を日本ハムの1軍27名で歌い上げるというもの。その中で斎藤佑樹は、しばしの間独唱しているという。その中で、「・・・吹きすさぶ、北風に・・・」辺りをうたっているのが彼だそうです。

image

このCDは9月に行われる試合中のファンの声援なども取り入れられ、1枚1500円で一般販売されます。収益金は日本赤十字社を通して震災の復興支援にまわされるとのこと。ですから発売日は10月以降になりそうですね。それにしても、斎藤佑樹投手の歌唱力はどれほどのか、発売日が楽しみですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事