今日のGoogleロゴの中谷宇吉郎さんは世界初の人工雪生成に成功した物理学者!ウサギと虫メガネのなぞ

スポンサーリンク

今日(2013年7月4日)のGoogleロゴは冬でもないのに雪の結晶でした。どうやら今日は世界で初めて雪を人工的に生成することに成功した物理学 兼 随筆家の中谷宇吉郎さんの113周年に当たる日のようです。

image

雪が積もりにくい九州でもスキーを楽しめるのは中谷宇吉郎さんのおかげだったとはしりませんでした。中谷宇吉郎 – Wikipedia

教授となった1932年(昭和7年)ころから雪の結晶の研究を始め、1936年(昭和11年)3月12日には大学の低温実験室にて人工雪の製作に世界で初めて成功。気象条件と結晶が形成される過程の関係を解明した。他にも凍上や着氷防止の研究など、低温科学に大きな業績を残した。

image

中谷宇吉郎さんは多才で、中谷研究室プロダクション(後の岩波映画製作所)を設立し映画の分野でも貢献。さらには随筆家としても知られ、代表作として「冬の華」「立春の卵」があるそうです。

さて、今日のGoogleロゴは雪の結晶だけでなく2番目の「g」がウサギと虫メガネになっており謎めいております。

image

どやら中谷宇吉郎さんは当時身に着けていたウサギの毛皮の表面に成長した雪の結晶が付着しているのに気付いたのがきっかけで、人工雪の生成にまで至ったようです。納得!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事