「くまモン」がゆるキャラグランプリになった理由とは?

スポンサーリンク

世界一のカルデラ火山である「阿蘇山」で知られる熊本は「火の国」とよばれています。そんな熊本のご当地キャラクターである「くまモン」が「ゆるキャラグランプリ」で堂々の優勝です。さほど個性的でもないキャラクターがどうして優勝できたのか?

image

ご当地キャラ「くまモン」

まずその風貌をご覧ください!一目で何をモチーフにしたキャラクターが分かりません。動物であることは間違いなそうですが。

新幹線で九州を縦断できるようになった際、是非全国に「熊本」の素晴らしさをPRするために、今年3月に企画されたキャラクターがこの「くまモン」。熊本県出身で放送作家でもある小山薫堂さんの事務所が制作したとのこと。 毎日jp(毎日新聞)

見事に「ゆるキャラグランプリ2011」のネット投票で28万以上を獲得して堂々優勝を果たしました。

優勝の理由

では何の特徴もないと感じる「くまモン」が、もっと個性的な「ゆるキャラ」がひしめく中で、なぜ優勝にまで上りつめることができたのうしょうか?

どうやらyoutubeの動画を見ればかなりその理由が分かりそうです。実は「くまモン体操 」を始め、かなり軽快な動きで様々なダンスをこなしたり、祭りや様々なイベントに顔をだすという、タレント事務所顔負けの細かな宣伝戦略があったからのようです。

アップロードされた熊本県公式や個人投稿動画には、くまモン体操、くまモンダンス、くまモン地震体験、くまモンVSライオンなど、様々な動画が多数アップされています。各地に顔を出しているようです。

つまり熊本県は、県内はもちろんのこと、東京などにも「くまモン隊」を派遣したり、ツイッターでも個性的な「ゆるキャラ」としして宣伝、投票を呼びかけていたのが功を奏したようですね。

さらにこの「くまモン」の着ぐるみに入っている人のあまりにも精力的な活動が「ゆるキャラグランプリ」で優勝した要因の一つとして上げられそうです。

これを一人でこなしているとするば、あっぱれです。役所関係の人なら素直にほめたいと思います。しかもいったん倒れるとすぐには立てない着ぐるみを着ながら。

それにしてもこのゆるキャラグランプリで優勝した「くまモン」はかなり儲かっているようです。キャラクター関連商品で10億円の売り上げを達成しているとのこと。ちなみに一番人気はTシャツのようです。 くまモンオフィシャルサイト

image

熊本県の財政が潤うのかどうかは分かりませんが、新幹線で全国から熊本に足を運んでもらう努力の副産物は大きいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事