2015年4月からの軽自動車とバイクの増税のまとめ

スポンサーリンク

「消費税増税に続き、またもや低所得者層を狙い撃ちに」と感じた人も多いでしょう。2015年4月以降購入した軽自動車や原付バイクの税金が。1.5倍~2倍に上がる公算です。

2015年4月より 軽自動車増税

政府は「軽自動車や原付バイクは低所得者だけが乗るものだけでない」と言うかもしれません。しかし、私  @Ama119  の周辺はほぼ例外なく低所得者以外は普通車に乗っています。

その軽自動車の毎年支払う税金を1.5倍の1万800円に引き上げることが本決まりになったようです。原付バイク(50cc未満)も便乗値上げして2倍の2000円になり、高速道路を通行できる排気量250cc以上の自動二輪は4000円から1.5倍の6000円に跳ね上がります。

軽自動車 7,200円 ⇒ 1万800円
軽トラック 3,000円 ⇒ 3,800円
バイク250cc以上 4,000円 ⇒ 6,000円
原付バイク 1,000円 ⇒ 2,000円

「今の車10年以上前に購入したけど、あと10年は乗ってやる!」と意気込んでいる方にも冷や水が浴びるかのうように、いつもまでも古い車を大切乗っている所有者にも増税の一撃です。

というのは、2016年度から新車登録から13年以上の車に税金が20%加算され12,900円になるとのこと。「今流行りのエコカーに買い替えて、排ガスを抑えてくださいね。」ということになりました。残念。

なお、繰り返しますが、上記の軽自動車とバイクの増税は2015年4月購入分からで、その前に購入すれば13年間は税金が年7200円のままですよ。

軽自動車税、1万800円に増税 自公合意、新車対象に:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事