ホンダが181万円の新「フィット シャトル ハイブリッド」発売!その最大の特徴は広々空間のワゴンだ

スポンサーリンク

ホンダ自動車のコンパクトカーFITシリーズから低価格のHV「フィット シャトル ハイブリッド」が発売開始します。181万からというかなりコストパフォーマンスに優れた「フィットHV」です。特徴は居住空間の広さですね。これはフィットのワゴンといえます。

image

新「フィット シャトル ハイブリッド」

トヨタのプリウスαが予約開始直後から予想の17倍のリザーブが入っていて空前のヒットとなりそうな気配ですが、ホンダ自動車も負けていませんよ。

低価格

コストパフォーマンスに優れている新型フィットHVを登場させました。ワゴン型の「フィット シャトル ハイブリッド」です。これはガソリン車の新型「フィット シャトル」のHV版です。実に181万円から購入可能です。image

最大の特徴は従来より居住空間が広がったことで、狭いイメージが払しょくされていることでしょうね。まるで、ワゴン車であるプリウスαに対抗しているような気がします。Honda

広々空間

ホンダのニュースリリースによると、「センタータンクレイアウトによる大容量ラゲッジスペースと広々とした居住空間」を実現しているとのこと。とにかく従来のタイプはガソリンタンクが後部に設置されていたようですが、それを前部座席の下に移動したことで、後部の居住空間を広げることに成功しているようですね。

image

そのおかげで、後部に広々とした荷室ができ、あまり持ちあげずに大きな荷物でも楽々搭載させることが可能になっています。高さは地面から開口部までは54センチになったようです。

image

後部座席を倒すと、長さが180センチ以上のスペースが確保されます。人間でも足を延ばして横になれるスペースです。

image

詳しくはホンダの公式動画をご確認くださいね。

燃費

さて気になるのは、「フィット シャトル ハイブリッド」の燃費ですね。10・15モードでは30km/L、より実質的な燃費としてのJC08モードでは25.0km/Lです。ガソリンの普通車や軽自動車よりは燃費がいいですが、プリウスには劣るようです。まあ~仕方ないかな!

ちなみに「USTREAM」で、新型車の開発責任者、デザイナー、モータージャーナリストの河口まなぶ氏による紹介トークショーが6月19日午後2時からライブ中継される予定です。興味のある方は「シャトル ハイブリッド」を予約する前にご確認ください。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事