日本では放送なし!ウインブルドンの3D放送をソニーが提供するのはいいが・・・!

スポンサーリンク

ソニーが独自3Dカメラとシステムでテニス界の最高峰「ウインブルドン」(全英)を世界各国に中継するそうです。残念にも日本は放送なし!なんで!

image

ウィンブルドンを全世界で3D放送

どうでもいいことかもしれませんが、私がテニスにはまった時代は女子なら「シュテフィ・グラフ」(独)、男子なら「イワン・レンドル」(チェコ)でした。現在はナダルが全盛ですね。

その盛り上がっている(?)プロテニス界の最高峰であるウインブルドンが3Dで中継されることが決まりました。ソニーの3D技術が用いられるそうです。Wimbledon in 3D by Sony

放映は全世界とありましが、日本ではないらしいのです。大変残念!どうしてと言いたくなりますが、日本独自の放映権などの利権が絡み折り合いがつかなかったのでしょうね。根強い日本のプロテニスファンは憤りに満たされそうです。

image

放映する地域は、ドイツ、英国、米国、スウェーデン、イタリア、オランダの6カ国で、パブリックビューイングできる国や地域はは22カ国以上だそうです。日本にはそれにさえ入っていませんね。あまりに残念です。3Dの大迫力画面ででナダルの強烈なサーブを見れるかと思ったのに!

ちなみに我が家で3Dテレビはありませんので、近くの友人宅かベスト電器に見に行くつもりでした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事