離婚が子供に与える影響とは?ー成績低下、心の傷、うつ病など、ありすぎる!「中国の離婚ブーム!」

スポンサーリンク

中国は、一昔前の欧米、そして日本がたどった歩みをたどろうとしていますね。そのひとつには離婚の急増があるようです。詳しくはレコードチャイナ:空前の離婚ブーム、30年で5倍に―中国で確認できますが、物質中心の生活スタイルが幅を利かせ始めた中国では、家族という価値観にも影響を及ぼし、離婚の増加、片親家庭の子供の増加と子供の健全な成長への影響が相当あるようです。離婚が子供に及ぼすいくつかの影響

もしあなたが離婚を考えているなら、離婚が子供に及ぼすいくつかの影響を理解して置かないと、離婚の結果を受け入れることができなくなります。

離婚が子供に与える影響には計り知れないほどあった!

様々な世界のデータは、子供への離婚の影響を分析していますが、これが必ずしもあなた個人に、またあなたが離婚した場合の子供に直接当てはまることもあれば当てはまらないこともあります。このブログでの調査結果は以下の通りです。

1.学校の成績の低下

離婚が子供に及ぼすいくつかの影響は、成績の低下、性非行があります。

フランスの調査ですが、離婚した親のもとで暮らす子供は、両親のもとで育つ子供より、成績が低いということを明らかにしています。やはり、親の離婚は子供に少なからずストレスを与え、勉強に集中できる環境が整わなかったり、親が外で働く時間が多くなり、子供に気を配れなくなるのですね。私が中学生の時もクラスにいたようです。

2.性暴力の被害を受ける可能性が高い

これは、特に父親がいない場合ですが、子供が性暴力を受けるリスクが高まるようです。ある調査では、児童虐待5万2千件を調べた結果、72%が片親もしくは両親がいない家庭で暮らしている子供でした。

3.性非行に走る確率が高い

日本でも近年、妊娠の低年齢化が進んでいるようですが、これも親の離婚に伴うものがあるようです。これはアメリカの調査結果ですが、父親のいない少女が妊娠は、両親がそろっている家庭で育つ少女が妊娠する確率の2.5倍だそうです。片親家庭では、子供の行動や友人関係に目の行き届かないことが多いのです。両親から得られない安心感や温かさを得ようと、異性に強い関心を示すようです。

4.放任

上記の問題と関係することですが、親が離婚するなら、当然 経済的な問題が生じ親が外で多くの時間働くことになり、子供をかまってあげる時間は極端に減ってしまいますね。その結果、子供はほったらかしなり問題行動に走ってしまうケースが増加します。

5.最大の問題は、親の離婚に伴う”心の傷”

離婚が子供に及ぼすいくつかの影響は、心の傷があります。

離婚に悩む親であるなら、自分のことで頭がいっぱいになるのも無理はありませんね。自分が離婚するなら、子供はどう思う方かと心配し、結婚カウンセラーなどに相談するなら、「子供はすぐに親の離婚に順応するよ!」とアドバイスを受けて、安易に離婚を決定する人も多いようです。

本当にそうでしょうか?調査結果は以前考えられていた以上に、離婚によって子供が受けるダメージは大きく、長期にわたることが分かっています。

ある研究員によると、「両親の離婚によって、19歳から29歳までの男女の三分の一以上が夢を失く・・・目標もなく、・・・・無力感を抱きながら生活していた」とのことです。そして、子供はうつ病になるリスクがかなり高くなるようです。

子供はあなたが離婚してほしいと思っているのか?

離婚を考えている人や周りの人が思う以上に、子供のほとんどが親の離婚を歓迎していないようです。子供ののほとんどは、健康に関する研究者は「子供たちの多くが、たとえ家庭が険悪なムードでも、両親が一緒にいることを望んでいる」と述べています。

結論は、離婚が子供の救いになることはない!

なぜあなたは夫婦関係がうまくいかないのか?

子供を犠牲にする決断をする前に、次のことを考えてみてください。

そもそも、なぜ、あなたは夫婦関係がうまくいかないのか?
そえは、実は簡単なことです。夫婦関係の法則を知らないからです。

子供に上記のような破壊的な影響を与える離婚をしたいと思わせるような夫婦生活の悩み・ストレスから開放されて、新婚当時のようなラブラブ夫婦になりたいのなら、この法則だけは「必ず」守ってください。 ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧―妻と夫のカウンセリング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク