人間関係のトラブルで役立つ「ハンロンの剃刀」の法則ー問題は悪意より無知からだ!

スポンサーリンク

「ハンロンの剃刀」という人生の法則を知ると、会社や家庭内での人間関係のトラブルに巻き込まれた時に、高ぶった感情を落ちけるに役立ちそうです。この法則によれば、トラブルの原因は「故意や悪意より、無知や愚」から生じるとがほとんどだということです。

20110221122056

  • 「ハンロンの剃刀」とは

「ハンロンの剃刀」とは

この法則「ハンロンの剃刀」は、朝日新聞の朝刊2011年2月19日に紹介されていたものです。(勝間和代の人生を変える法則シリーズの一つ)この法則は米国のロバート・J・ハンロンが提唱した法則のようです。

問題の根底は「悪意よりも無知や愚かさに」にあることがしばしばであるというわけです。つまりトラブルそのものの理由を考えた場合、トラブルに直接関係ある人の無知や愚かさが原因と考えられる場合、「悪意を想定」してはいけないというものです。

20110221122224

スポンサーリンク

悪意なし

「ハンロンの剃刀」の法則はよく考えると、日常の大小ほとんどのトラブルの根底をうまく言い当てているようです。

確かに会社の問題や、家庭内のもめ事や衝突は、よく考えると「知らなかったから」とか「うっかり口を滑らせてしまった!」などがほとんどですね。

たとえば、社内で問題が持ち上がったた時など、たとえば担当社員が「上司に報告するのをうっかり忘れていた」とか、家庭内のトラブルなら「夜、飲み会があるのを告げずに朝出勤した」などのちょっとした”愚かさや無知”が原因であり、故意や悪意などはほとんど考えられません。

20110221122150

そう考えれば、問題に巻き込まれても感情を落ちつけ、考え方を切り替えたり、対処する方法に気持ち向け安いですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事