ネットに対応した「ねんきん定期便」で年金納付状況や支給額を試算する方法!結果は絶望的な額でした

スポンサーリンク

『あなた様の今年度の電子版「ねんきん定期便」を「ねんきんネット」から確認していただくご用意ができましたので、お知らせいたします。』というメールが今日 日本年金機構から届いたので、早速ネットで利用できる電子版「ねんきん定期便」を確認してみました。以下にその方法を。

ねんきん定期便に対応したねんきんネット

まずアカウントを作っていない方は面倒ですが、アカウント取得を行う必要があります。

アカウントを既に作っている方は、日本年金機構へ行って「今すぐログイン」。

image

ユーザーIDとパスワードを入力。

image

秘密の答えも思い出して入力。

image

さて、私のケースですが「各月の年金の記録」を確認してみました。「国民」は未納を意味します。ちょっと最近家計が・・・。グレーの「国民」は納付済みです。

image

その下に加入月数の合計を確認できます。20代~30代にかけて全額免除した月だけが残っています。140か月分は痛いですね。ざっと180万円ぐらい免除しました。(ただし免除申請が承認されているので、未納扱いではなく「加入」扱いされます。)後納制度でも10年前までしかさかのぼれないので、納付は難しいですね。

image

そのつけが回って、その下の納付実績での年金額の試算は以下の通り。ちょっとこの額はきついでしょう。

image

このままでは65歳で支給を受ける場合、以下の額になってしまいます。

image

ちょっと絶望的な数字ですね。

お金に余裕ができりれば、国民年金納付は当然として、国民年金基金を活用する手があります。

ちななみに最近 未納が発生しているので、以下のようなハガキがきました。

image

以上が「ねんきんネット」で「ねんきん定期便」を調べる方法と結果でした。老後の計画はお早目に。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事